嫌いな上司の対処法|職場での人間関係を改善するコツを詳しく解説!

スポンサーリンク



企業に勤めていたら上司の指示を聞いて業務を進めなければいけない状況があります。とはいっても、

  • え、さっきと言ってること違うじゃん
  • 言ったとおりにやったのに何で怒られるの?
  • 言われたことやっただけなのに他のこともしなきゃいけないの?

なんて感じることはありませんか?

そこで今回の記事では、

この記事でわかること
  • 嫌いな上司から受けがちな行動
  • 嫌われる上司のタイプ
  • 嫌いな上司の対処法
について紹介します。

一度嫌な思いを経験すると、引きずってしまい修復するのが難しいです。とはいっても、今後も一緒に仕事をする必要があります。

今の上司とどう対処していけばいいのか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

嫌いな上司から受けがちな4つの行動

嫌いな上司から受けがちな行動は

嫌いな上司から受けがちな行動
  1. 何もしないのに指示だけされる
  2. お説教の内容が理不尽
  3. 自分ルールを押し付ける
  4. プライベートでのつながりを無理して作る
です。それぞれ説明しますね。

1.何もしないのに指示だけされる

指示をだすものの、自分はPCの前に座っているだけ…。

指示を受けるのはいいものの、上司がどんな業務をしているかわからない場合、部下にとっては「自分でできるのでは?」と感じてしまいますよね。

尊敬できない上司からの指示は、素直に受け入れるのはハードルが高いです。

部下の立場からすれば

  • すべて押し付けられてるのでは?
  • 手柄だけ持っていかれるかも…

と不安に感じてしまいますね。

部下は、尊敬できる上司だからこそやりがいを感じて、指示を聞き入れることができます。

2.お説教の内容が理不尽

上司の指示通りに業務をこなしたものの、

  • ここの表はこっちのデータの方がわかりやすいだろ!
  • 会議の内容を聞いてたか?内容がぐちゃぐちゃだ!

なんて言われたら、「は、はい…(いや、お前が言ったんだろ!?)」ってなりますよね。

納得はいかないですし、上司の信用もなくなります。

指摘してもらう場合、

  • 話の筋が通っているのか
  • 何が悪かったのか
  • 具体的な改善点はどうするのか

を確認することで、納得感を持って話を聞き入れることが可能です。

3.自分ルールを押し付ける

部下にとって、上司のやり方を無理に押し付けるのはストレスです。

部下の提案に耳を傾けずに、それを認めず自分のやり方を押し付けるのは適切ではありません。

そんな対応をされたら、自己中な上司だなと感じてしまいますよね。

自分の意見を聞いてもらえていないと感じると、やる気がなくなりますし仕事への意欲も下がってしまいます。

4.プライベートでのつながりを無理して作る

部下のプライベートに踏み入りすぎる上司は、嫌われがちです。

たとえば、仕事終わりに上司から「ご飯いくぞ」と誘われた場合。もし予定があったとしても、部下は断りにくいものです。

食事に連れていかれることと、食事中に楽しいかどうかは別問題。最悪なケースは、食事中に仕事の説教されることですよね。

無理にプライベートの時間を作ろうとする上司に対して、良いイメージをもつ方は少ないです。

実は、上司にもいくつかのタイプがあるのをご存知ですか?正しい対策をするためにも、あなたの上司がどんなタイプなのか理解しておきましょう。

嫌われがちな上司のタイプ3つ

嫌われがちな上司のタイプは

嫌われがちな上司のタイプ
  1. コミュニケーション皆無上司
  2. 精神論こそ至高上司
  3. ネチネチ引きずり上司
の3つです。それぞれ紹介しますね。

1.コミュニケーション皆無上司

コミュニケーション皆無上司とは、部下とのコミュニケーションを取る必要がないと考えている人です。

自分に絶対的な自信があり業務をコントロールできると感じているため、コミュニケーションを取りません。

業務に対するアドバイスをもらえないパターンは、コミュニケーション皆無上司と認定しましょう。

2.精神論こそ至高上司

精神論こそ至高上司は、

  • 気合があればできる!
  • 成績が上がらないのは気持ちが足りない!
  • 俺が若いころは休みなんてなかったぞ!

と、あなたの感情を無視して話しをしてくる上司です。

精神論こそ至高上司の場合、業務の効率ではなく精神論で会話を進めす。

そのため、「気合」「根性」「努力」「やる気」などの部活で使われがちな言葉を多用してきます。結果、仕事の仕方を強制することが多くなります。

自分への批判に一切耳をかたむけない上司は、精神論こそ至高上司に認定しましょう。

3.ネチネチ引きずり上司

ネチネチ引きずり上司は、コミュニケーションの取り方に問題があります。

たとえば、

  • 話しかけると否定から入る
  • 自分の意見を押し通す
  • ネガティブな意見が多い

などが挙げられます。

「この人に話しかけるとすべて否定される」

「話しを聞いても問題が解決しない」

などと感じる場合は、ネチネチ引きずり上司と認定しましょう。

とはいえ、今後も付き合っていく期間が長いのも事実。今度は、こんな上司との関係を改善するためにできる方法を紹介します。

嫌いな上司との関係を改善する4つの方法

嫌いな上司との関係を改善する4つの方法は、

上司との関係を改善する方法
  1. 挨拶や返事を工夫する
  2. 話を聞くときは最後まで
  3. 報・連・相を最速で
  4. フィードバックを受け取ったらすぐに実践する

です。それぞれ紹介します。

1.挨拶や返事を工夫する

普段から交わす挨拶や返事にアレンジを加えてみましょう。

たとえば、

  • 相手の名前を呼ぶ: 「〇〇さん、おはようございます!」
  • 上司の目を見て返事をする

をすることで、上司に「あなたを気にかけている」アピールをします。

上司は、気にかけてもらえていることがわかると可愛がりたくなりがちです。まずは、あなたの印象を変えることを意識しましょう。

返事やあいさつのときであれば、明日からでも実践できますよね。

2.話を聞くときは最後まで

上司とのコミュニケーションをとるために、話しの聞き方に工夫をしてみましょう。

たとえば、

  •  相手の話を最後まで聴く
  •  相手の話を否定しない
  • うなずいたり、あいづちをしたりする

ことで、上司は「ちゃんと話を聞いている」と感じます。

上司は話を聞いていることがわかると、満足して必要以上な指示は出してきません

3.報・連・相を最速で

社会人の基本である「報・連・相」を最速でしましょう。

上司は、部下を育てるために仕事を任せます。そのため、上司にも不安があるのも事実です。

そこで、上司にあなたが

  • 今、何をやっているか?
  • どんな状況か?
  • 問題はないか?

を伝えることで安心感が生まれます。

たとえば、

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • What(何を)
  • How(どうする)
  • Why(なぜ)
  • How much(どのくらい)誰に

など、5W2Hを使ってしっかりと情報を伝えます。そうすることで、あなたの状態を把握しやすくすることが可能です。

できるだけこまめな報連相を心掛けるだけで、上司に安心感を与えることができます。

その結果、細かい指示や注意を受ける回数を減らしやすくすることが可能です。

4.フィードバックを受け取ったらすぐに実践する

フィードバックは、上司があなたの成長に必要な情報を教えてくれるものです。そのため、厳しい指摘や認めたくないことも多いのも事実。

とはいっても、厳しい指摘をする上司も実は辛いんです。

あなたが成長するために必要なことですので、まずは受け入れて感謝の気持ちを伝えましょう。

フィードバックを受け取る際は、

  • フィードバックの内容が多いほど、伸びしろがある
  • 厳しいフィードバックこそ感謝する

ことを意識しましょう。

上司は、自分の経験からあなた必要なことを教えてくれます。それをムダにしては、どちらももったいないですよね。

あなたが成長するために必要なことだと素直に受け入れて、すぐに実践しましょう。もし、もうまくいかないのであれば、もう一度確認することをおすすめします。

上司との関係を再構築して仕事を効率的に進めよう

今回の記事では、嫌いな上司について紹介しました。ざっとおさらいしましょう。

嫌いな上司がしがちな行動は

  1. 何もしないのに指示だけされる
  2. お説教の内容が理不尽
  3. 自分ルールを押し付ける
  4. プライベートでのつながりを無理して作る

でした。

そんな上司には

  1. コミュニケーション皆無上司
  2. 精神論こそ至高上司
  3. ネチネチ引きずり上司

といった3つのタイプが存在しましたね。

嫌いな上司との関係を再構築するためには

  1. 挨拶や返事を工夫する
  2. 話を聞くときは最後まで
  3. 報・連・相を最速で
  4. フィードバックを受け取ったらすぐに実践する

ことがおすすめです。

企業に勤めている限り、上司の指示を聞かなくてはいけないことがたくさんあります。もちろんあなたの意見が正しいこともあります。

とはいっても、それを押し切ろうとしても二人の仲は悪化する一方です。

関係性を再構築するには、まずはお互いがどんなポイントに違和感を感じているのかを洗い出して、改善策を見つけることから始めるのをおすすめします。