気が付いたら11月になってる話。今年も残すは約50日

スポンサーリンク



おひさしゅう、おしゅんです。ん?おひさしゅう?おしゅう?おしゅんしゅう?

はい、ふざけましたすみません。いや、なんで今回の記事はこんなふざけてるかって(あれ?いつもか?)いうと、理由はただ1つ。

 

11月に入って初めての記事だから。

 

うんうんうんうんっわかるよっ!すごーーーくわかるよっ君の気持ち!そうだよね、そうなんだよ僕も今おんなじこと思ってた。ホントホント!うん、じゃあいっせーので言ってみよう?!いくよ?いっせーーーーのーーーー

 

 

 

 

 

でっ

 

 

 

『関係ないでしょ』

 

え?『でっ』はつけるって言ってない?

いや、出来心じゃんそんなの。言葉の弾みじゃん。深い意味はないよ?そんなわざわざ見返して上にいかなくてもいいじゃん。(ありがとう)

でもさ、たまにあるでしょ?いらないおまけとか、必要のないサービスとか。それよ、その類のやつなのよ。

だから悪気はないってこと。そう、全然気にしないで?

うん、いいよ別に。怒ってないから。ホントに。ホントだって、ホントに怒ってないって!!!!(怒)

てかそれってどうなの?

いやね、車の運転中にコンビニとか行くでしょ?僕の場合、極力左側にあるコンビニを探すのね。(入りやすいし、出やすいから)んで車道に戻るのに左折をするのよ。んで車が来てるから待ってるんだけど、たまに入れてくれるのね。入れてくれるのはありがたいんだけど問題はここから。

例えば、一車線の道路で譲ってもらった後、すぐ右折する時って結局、後続車を止めちゃうでしょ?それがすごく申し訳ないのよ。だからといって、譲ってくれたのに無視するわけにもいかないし。後続車がいないなら、「自分を無視して先に行ってくれ」って思っちゃう。要は、後続車のことまで考えて譲るか譲らないかを判断してくれってこと。

すごいわがままなこと言ってるかもしれないけど、これが逆に自分が譲った側だとしよう。
譲った後(ハザードたくか!?)みたいなことを考えて(お、たいた!オッケー♪)ってなった瞬間、右折される。自分は立ち往生。無駄に止められるわけよ。(なんだよ、止まるのかよ)っとバックミラーを見ると後続車はいない。

ここであなたならどんな感情になるのか。

素直になろう

「入れなきゃよかった」こう思わない!?

人の車に乗ってるときとか、誰かの運転見てるときとか、自分だったらこうするなってことが結構ある。いいんだよ別に、その人なりの運転で。でもさ、人のせいにして文句言うくらいなら、まずは自分で最善の行動をとってからにしない?

運転中に何か問題があったときに、人のせいにしすぎなんだよね。もちろん自分も含めて、まだまだ見直すところって多いんだけど、もう少しお互いが気を使えればいいなぁなんて思ってる。ちなみにその「気を使う」は自分の最善の行動を加味した行動ね。

まとめ

くっそふざけながら始まったこの記事だけど、要は「自己責任」って言葉の重さをもっと意識していこうよ。ぶっちゃけ、環境を変えようとして相手を変えるくらいなら自分が変わった方が早いし、それでもだめならホントにダメだってことなんだと思う。

そしてありがちなのが↓

「この記事、何の話だっけ?」