0から学ぶ!作業スピードから信頼を作り出す方法

スポンサーリンク



どうも、クラウドソーシングの案件に追われるおしゅんです。仕事って『納期内に最大限の品質のものを安く仕上げる』ってのが最強だよね。

自分が依頼した立場なら、こんな条件で提出されたら間違いなく満足度は高いはず。要は『納期(デリバリー)』『資金(コスト)』『品質(クオリティ)』が満足できれば、クライアントから自然に信頼されるようになる。

そしてこの3つを満足いくものにさせるには『作業スピード』をあげるのが一番効果的ということを主張したい。ではなぜ『スピード』を活かして仕事をすると、満足度が高くなるのかを説明していこう。

『納期(デリバリー)』と『作業スピード』の関係

クライアントとの相違があったり急を要する予定が入ってしまう等、いつなにが起こるかわからない。そんな緊急事態が起きたとしても、対応可能な時間を自ら作ることができる。

またせっかくいただいた案件は大切にしたい。クライアント自体の熱が冷めてしまうと「あーこれか」「はい、ありがとう」で終わってしまう。すると次につなげることが難しく、もったいない。鉄は熱いうちに打て

早いと感じてもらえるスピードで作業し「じゃあこれも頼もう」と感じさせる。もちろん自分も「いただいた作業」に対する熱が冷めないうちにこなせる。よって集中力を持続させることが可能、より質の高い作業内容にできる。

『資金(コスト)』と『作業スピード』の関係

作業を早く終わることができれば、他の作業にも手を付けられる。その分より多くの仕事にかかれる時間が作れるわけだ。

1日に多くの作業を効率的に完了させることができれば、収入を増やすことが可能。もちろん休息の時間にあてるのも有り。自分のスケジュール管理しやすい環境になる。

『品質(クオリティ)』と『作業スピード』の関係

まずはクライアントとの連携をとる時間を増やすことで、お互いの意思疎通を行う。
・目的に沿った内容なのか
・不備がないか
などの不良を未然に防止する。

クライアントの意図に合った作業ができると自然に『品質(クオリティ)』が高くなる。それと同時に満足度も高めることができる。結果、効率良く満足度を満たすことができる

『スピード』を意識した時の注意点

ただ1点だけ注意してほしいのは、速さを意識しすぎて初期段階のクオリティが低すぎること。クライアントの信頼を損なう原因であり、今後の業務に支障が出る可能性もあり逆効果だ。

最低でも70点以上の完成度で、事前にクライアントとの打ち合わせを設ける。満足度を蓄積し信頼してもらい
「任せても大丈夫だ」というレベルまで自力で持っていくことを肝に銘じよう。

スピードを上げる方法

ではどうすれば作業効率を上げ、スピーディに作業をこなせるのか。具体的な例をいくつかあげる。

予測して不安要素をつぶす

これは作業のすべてが決まるといっても過言ではないくらい大切。見積、作業量、担当範囲、納期、目的 に対し、クライアントからどんな回答が帰ってくるのかの予測が必要。

予測事項
・単価は割に合っているのか
・自分の作業消化量に合っているか
・どこまで作業すればいいのか
・今後のスケジュールは確保できるのか
・読者のペルソナは誰なのかここにコンテンツを記載
などの不安要素を事前につぶしていく。

すべてを自分でこなすのであれば、全部理解する必要がある。

作業を細かくして優先順位をつける

まずは作業内容を一式把握し、どこから手を付ければ効率的かを考え作業を分類する。ある程度細かく分類した後、作業に優先順位をつけてから作業にとりかかる。

類似の作業は同時に手を付けて一気に片付けることを心掛ける。

目標を作って休憩をとる

集中力を維持させるためには休憩がもっとも大切。ただ決まった時間で休憩を取ってしまうと、時間を主体としたスケジュールになってしまう。

スピードを意識するなら作業完了毎に休憩時間を設ける。逆に休憩が長すぎると集中力が切れてしまい、作業に手が付かなくなってしまうため注意が必要。

始めから100%を求めすぎない

もちろん目指すところは100%の内容。でも時間をかけて70%→100%にするくらいなら、クライアントの意見を聞いた方が効率がいい。そこから120%にするつもりで作業する。

同じ失敗はしない

同じミスこそ時間の無駄。繰り返さないようミスの原因を徹底的に調べあげ、作業前に再確認するよう癖を付ける。

楽しむ

なにより楽しんでできることにストレスはない。集中力が持続し、自然と質も上がる。自分で満足感を得られれば、自信に直結して成長速度も格段に上がる。いいことしかない。

まとめ

事前準備と熱が冷める前に行動に移すこと、まずはこのポイントをしっかり抑える。そして楽しんで作業する。処理速度を上げ余裕が持ち、信頼を得よう。

スピーディな人間って信頼性がめちゃくちゃ高い。あと時間管理の練習にもなる。終われば別のことができるし、自分の時間もお金も作れる。

「明日から少しずつやろう」なんて後回しにしてしまうと、目に見えないものから徐々に失っていく。気をつけよう。