人生を無駄に生きる会社員、”社内ニート”って知ってます?

スポンサーリンク



どうも、おしゅんです。

いきなりですが

・出社してから退社するまでなにもすることがなーい!イェーイ
・むしろやる気も無ーい。ダルー
・指示があっても(うわ、だるいわ)と考えて作業するまでに時間を無駄に使う

こんなことを考えている同僚いたらどう思います?俗に言う「社内ニート」「サボリーマン」なんて言われ方もしていますが、あなたの周りはどうですか?

 

 

会社で仕事のない人間は社内ニートと呼ばれる

大体の人は「いや、そんなん嘘だろ」「そんなわけない、仕事だぞ?」なんて言うと思います。いやそれが普通なんですが「社内ニート」と「サボリーマン」は本当に実在します。仕事量の増減や人材の問題もあったりしますが、当たり前のように平気で給料をもらって生きているんです。

 

でも「社内ニート」と「サボリーマン」は可哀そうなことに、時間を無駄にしていることに気付いていないんです。特に「何もしないけど、金貰えるぜー!ラッキー!」って人は要注意です。その生活をあと何十年続けられますか?

ただ社内ニートの愚痴が言いたいわけじゃないよ?

愚痴なんて言うつもりは全くないんです。逆に残業代ももらえずにブラックな会社でサービス残業で仕事をする社畜ってのもいます。それはそれでちょっと違いますけど。

まぁ要するに「自分が後悔しなければいい」ってことなんですよ。社内ニートだろうがサボリーマンだろうが社畜だろうが。今の環境に満足ならなーーんの問題もありません!

ただパソコンをつけてマウスをころころしてみたり、営業中に寝てみたりするくらいなら「会社のためになにかできることはないか?」って考えることも必要なんですよ。

「無理して今やる仕事じゃないな」とか「パフォーマンス下がるから帰る」とか帰る時間も意識できるともっと仕事が楽しくなるんじゃないかなぁと思います。

 

社内ニートは時間の使い方を間違えないで

とりあえず『自分の意志』を持つってことから始めませんか?環境に依存せず自分のペースを作りましょう。「社内ニート」と「サボリーマン」には、自分の好きなことに充てて時間を使っているパターンと本当に無意味に時間を使ってしまうパターンの2種類が存在しています。

好きなことに充てているパターンであれば満足度の高い時間の使い方ができていますが、問題なのは本当に無意味に時間を使ってしまうパターンです。知らない人も多いと思いますが正直、その時間を使って簡単にお小遣いくらいなら稼ぐことができるんですよ。

人生においての主人公は自分なんです。これから先の人生を決めるのは他人じゃない、あなたです!時間をうまくつかって、効率のいい人生を送りましょう。