スポーツジムに2年通っている会社員が教える!ジムを継続する方法

スポンサーリンク



どうも、事情スポーツマンおしゅん(@syuuuretter)です。昼と夜の温度差激しくなってきて、夏も終わりかけの9月中旬、、、ですが昼は暑いですね。

じりじりと日差しが強くて暑い日は、外に出る気が失せてしまいます。そんな時に「寝っ転がりながら家でアイスをかじる」「昼間からビール飲む」といった最高な日常を送っていませんか?

それ

危険ですよ!

あなたの気付かないところで、体にどんどん不要な脂質が溜まっていきます。
特に『脂肪』一度付いたら落ちにくいので注意が必要です。

若いころには気にしなかった代謝も、20代後半になってくるとだんだん落ちてきますので、自分で身体を動かす習慣が必要になってきます。

こんな生活を繰り返していると、わがままボディになってしまいますね。周りに見せられない身体になる前に、スポーツジムで汗を流すことをおすすめします。綺麗な体型を維持して、周りと差をつけましょう。

スポーツジムを続ける方法

実は楽しむ感じるの2つの思考をある方法で簡単に変化させてる』だけなんですよ。

僕、ジムに通ってもう2年なるんです。さすがに毎日は行けませんが、週3・4くらいは行ってます。

筋トレ(主に上半身)と有酸素運動(バイクと水泳)を、その日の体調と気分に合わせて独自のメニューをつくり、取り組むようにしています。シャワーを浴びる時間を入れたら、1日に2・3時間はジムにいます。

なぜ会社員の僕が、2年も続いているのか。それは『身体を動かす』という楽しさと『少しずつ身体の変化』を感じているからなんです。

誰もが経験する三日坊主やマンネリ化って本当に厄介で、なかなか脱出できませんよね。そんなあなたでも簡単に思考の変化ができる方法があります。本当に誰にでもできるのでおすすめですよ。

スポーツジムの落とし穴

まず、スポーツジムでありがちな落とし穴について説明しましょう。

長年通っていると、周りを見渡して「よく見る」と「初めて見る」と「もう見なくなった」の3パターンの人がいることに気付きます。ここでいう「もう見なくなった」の人は
・ケガ
・飽きた
・退会
・時間帯変更
のどれかです。飽きてしまった人や退会してしまった人は、確実に落とし穴にハマっています。

その落とし穴は大きく分けて
・続かない
・身体の変化に気付けない

この2つです。

落とし穴① 続かない

入会したての頃はモチベーションを高く維持できるのですが、身体がスポーツジムに慣れていないのもあり筋肉痛や疲労がたまってしまいます。

すると「なんだか今日は行く気にならないなー」「今日は休んで明日行こう」なんて考えて、結局全然行かないなんてことありませんか?

でも安心してください、みんなそうなんですよ。なぜなら続かないのにはたくさんの理由があるからです。それがこちら

・楽しくない
・面白くない
・面倒くさい
・疲れる
・体が痛い
・気が乗らない
・動くのが苦痛……etc.

落とし穴② 身体の変化に気付けない

辛いトレーニングを頑張っているのに、「身体に何の変化も起きないなぁ」「本当に価値があるのかな」と感じてしまうことも少なくありませんよね。
そんなとき
・身体が痛いから動かない
・頑張っているからと自分にご褒美をだす
といった行動から、無意識に元の体型に戻ろうとしていませんか?

結果にこだわるあまり『結果が出ない=意味がない』という間違った判断をしてしまいます。

落し穴にハマる前に予防しよう!

『初心忘るべからず(しょしんわするべからず)』この言葉は「今の状態に安堵することなく、最初に抱いた志を忘れないようにする」という意味ですね。

この言葉にあるように、最初に志を抱くことが大切なんですよ。具体的な志として「期間+数値目標」が絶対に必要です。


・期間:「1ヵ月」「3ヵ月」「3週間」
・数値:「〇㎏痩せる」「ウエスト-〇センチ」「筋肉量〇㎏増量」

これらを決めた時が『初心』になるわけです。その気持ちを忘れずチャレンジしてみましょう!

①続かない の解決方法

まず「落とし穴① 続かない」の解消方法を説明していきます。
ここで続かない原因をもう一度見てみましょう。

・楽しくない
・面白くない
・面倒くさい
・疲れる
・体が痛い
・気が乗らない
・動くのが苦痛……etc.
これらに共通するのは、すべて『一人』でメニューをこなしているからなんです。自分自身に甘いのが人間で、誰にも催促されずにメニューをこなすため、難易度がどんどん下がってしまいます。
そこで重要になってくるのが『仲間を作る』ということです。

ちょ、ちょ、、どーやって作るの!?って方はこちらの記事をどうぞ
ジムで仲間を作るたった1つの方法とは?

ちなみに女性に話しかけたいって方はこちらの記事

仲間と取り組むことによって、これらのレパートリーが一気に広がります。

少しイメージしてみてください。

 

この重さで10回!と競い合いながら筋トレしてみたり

 

この前旅行に行って・・・なんて話しながらのジョギングしてみたり

 

ここの筋肉を意識して!と励ましながら鍛えてみたり

 

どうですか?楽しそうじゃないですか?少しでも楽しいイメージが持てたなら、次は実際にやってみて楽しさを実感してください。

これだけで続けることができるんですよ、本当に。

②身体の変化に気付けない の解決方法

続いて「落とし穴② 身体の変化に気付けない」の解消方法を説明していきます。

まず理想的に体型を変えるには3ヵ月は必要と考えましょう。そして自分ではなく『他人』に気付いてもらいましょう。

この言葉が聞きたくないですか?

運動してすぐに体重計に乗っても全く意味がありません。減っているのはかいた汗の水分のみですからね。

体重の記録が取れると自分の目で感じることもでき、モチベーションも上がります。でも自分の目だけではなく、他人に気付いてもらえた時こそ本当に効果が出ているんです。

数字をみて自分で「痩せた」と思い込み、気を抜かぬよう注意しましょう。

まとめ

ダイエットに即効性のあるものは、リバウンドのリスクが高くなります。また簡単なものは、時間がかかります。

今回紹介した『楽しむと感じるの2つの思考を変化させる』方法で、運動を続けていきましょう。3ヵ月続けられれば、必ず体型が変わります。

理想的な体型なら、ずっと保ちたいってみんな思いますよね。あれこれ試すより、健全な方法で長く続けたほうがリバウンドのリスクも低減できるのでおすすめです。