【おすすめ】佐野市の魅力を22年住んだ地元民が教える!

スポンサーリンク



どうも、生まれてから22年間栃木県佐野市に住んでいたおしゅん(@syuuuretter)です。それから地方で5年の社会人生活を経験し、再び地元の佐野市に帰ってきました。要するに脱サラフリーランスです!

ちなみに佐野市の場所はこちら

皆さん、いきなりで申し訳ないんですけど、栃木県佐野市って超いいところなんですよ(ホントいきなりですみません)。ざっと上げるならこんな感じ。

  • 佐野名物「佐野ラーメン」
  • 可愛いゆるキャラ「さのまる」
  • 都会すぎず、自然が豊か
  • 地方へのアクセスが便利
  • 地域活性に対する運動

地方の方ならともかく、地元の人でも知らないような魅力がたくさんあるんですよ。そこで今回は、地元である栃木県佐野市に22年間住んでいた僕が、絶対的な佐野市の魅力をお伝えしたいと思います。

佐野名物「佐野ラーメン」

なんといっても一番有名なのが「佐野ラーメン」。佐野市に訪れたら一度は食べていただきたいですね。そんな佐野ラーメンについて軽く紹介します。

青竹でテコの原理を使って麺を打つ「青竹打ち」。平麺なのが特徴的で、コシが強くモチモチした弾力があります。太さは店によって異なりますが中太から細麺、平打ちなどがあります。

青竹打ちの動画(勝手にお借りします)

スープ

醤油味でコクのあるスープです。醤油味ベースが特徴ですが、店によって鶏がらであったり豚骨であったりとだしの取り方も様々です。

具材

チャーシュー、刻み長ネギ(白ネギ)は必ず入っています。他にもメンマ、ナルト、わかめ等、店舗によって違うため楽しみがありますよ。

お土産

店舗によって麺やスープの特徴が様々あります。佐野ラーメンって「どんな味なの?」「どこがおすすめなの?」という方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、お土産専門店の「つるり」。お土産にはもちろんですが、試しにネットでも購入できるのでおすすめです。

またこちらの「小竹屋」もおすすめですよ。

ラーメンの他にもおいしいものがいっぱい

佐野市には他にも「いもフライ」「耳うどん」「しんこまんじゅう」といった有名でおいしい食べ物が多いです!

いもフライ

いもフライ
引用:wikipedia

しんこまんじゅう
引用: 御菓子所 太田屋

可愛いゆるキャラ「さのまる」

どうですかこのかわいさ!2013年にゆるキャラグランプリで1580キャラの中からグランプリを獲得しています。

『さのまる』は犬とサムライをモチーフにしたゆるキャラです。頭には佐野ラーメンのお椀型の笠をかぶり、麺でできた前髪がかなりチャーミング。

お椀型の笠には雷文模様の代わりに、外国の方にもわかるようローマ字で「SANO」と書かれています。

腰に2本のいもフライをさしています。(みたらし団子に間違われるのが悩みらしいです)

2018年度、さのまるに届いた年賀状はなんと約5300通!(すげぇ)全都道府県から届いたのに加え、海外からは5ヵ国も届いたとのこと。

年賀状の差出人全員に返信オリジナルの年賀状をお返しするそうです。

都会すぎず自然豊か

栃木県の南西に位置する佐野市は元々、旧佐野市、旧田沼町、旧葛生町の3つが合併して形成された市です。

北東側は自然環境に恵まれており、南西側は産業の基盤となる地域が広がっています。また都会では見れない生の農業をみることができます。

空気が澄んでいて、おいしい空気が吸えます。夜になり空を見上げれば、きれいな星空を拝むこともできます。

都会の生活から一歩下がって周りを見渡してみましょう。全く違ったものが見えてきますよ。日々の疲れを癒すのにも最適な場所です。

近年、佐野市は地域活性に力を入れています。そこで重要ポイントなるのが「佐野プレミアム・アウトレット」です。流行のブランドやファッションをいち早く取り入れてくれるため、地方から訪れてもらえることが多くなります。ここを起点に今後さらなる発展に期待してみましょう。

地方へのアクセスが便利

豊富な高速バス

高速バスのターミナルは、佐野プレミアム・アウトレットから徒歩3分ほどの距離です。東京駅や国内空港、関西方面など幅広く簡単にアクセスすることができます。

  • 佐野駅-佐野バスターミナル(所要時間:約20分)
  • 栃木免許センター-佐野バスターミナル(所要時間:約35分)
  • 東京駅(八重洲南口)-佐野バスターミナル(所要時間:約1時間半)
  • 羽田空港-佐野バスターミナル(所要時間:約1時間半)
  • 成田空港-佐野バスターミナル(所要時間:約2時間)
  • 名古屋方面-佐野バスターミナル(夜行便 所要時間:約5~6時間)
  • 京都・大阪、仙台方面-佐野バスターミナル(夜行便 所要時間:約8~9時間)

旅行の選択肢が広がる高速道路

都心から70km圏内のため、自家用車で高速道路からもアクセスが可能です。佐野市では高速道路へのアクセス方法が3カ所あります。

  1. 東北自動車道 佐野藤岡IC
  2. 東北自動車道 佐野サービスエリアスマートIC
  3. 北関東自動車道 佐野田沼IC

東北自動車道を使えば県北や東北への旅行もできますし、北関東自動車道を使えば茨城県大洗町の海(所要時間:約90分)や群馬県渋川市の伊香保温泉(所要時間:80分)も楽しむこともできます。

地域活性化、絶賛活動中!

佐野市では空き家バンクを開始しました。これは空き家を有効活用し、佐野市への移住・定住を応援する活動です。まだまだ始動したばかりで、地元でも知っている方が少ないと思います。しかしこういった活動はとても刺激的で地域活性化に大いに貢献してくれると感じました。今後の活動に期待です!

また新規の工業団地が複数増えており、市民の生活や環境に良い変化をもたらしてくれています。

衣・食・住すべてを魅了する佐野市

正直、まだまだ書ききれない程、佐野市の魅力はいっぱいあります。もし「佐野市に行ってみよう」とお考えであれば、まずは

衣:佐野プレミアム・アウトレット
食:佐野ラーメン

を堪能していただきたいと思います。

 

また僕の個人的な今後の活動目標として、住:空き家バンクを利用した「佐野市初のコワーキングスペース」「民泊制度やシェアハウス」「古き良き伝統文化の継承」等の活動をしていこうと考えています。情報発信を利用し、佐野市の活性化を全力で行っていきます。