20代ニートは派遣から正社員になれる!攻略方とおすすめ派遣を紹介

スポンサーリンク



「正社員になりたいけど職歴がないニートだから無理だよなぁ」

と悩んでいるあなた。

 

正社員は、安定した給料がもらえて生活が豊かになりますよね。

休日は同僚や友人と出掛けて趣味を楽しんだり恋人とショッピングに出かけたり、疲れがたまったらゆっくり休むこともできます。

 

とはいえ、職歴がないニートからいきなり正社員になるのは少し厳しい道のりと言っても過言ではありません。

 

そこでこの記事では

  • 職歴がないニートの方でも派遣から正社員になる方法
  • 職歴がないニートの方におすすめな派遣
  • 派遣での面接を合格に近づけるコツ

についてご紹介します。

 

派遣に登録すること自体はそこまでむずかしいことではありませんし、20代は選べる職種が豊富です。

これからニートを脱して正社員を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

20代のうちに派遣で働くメリット:選べる職種が多い

20代のうちに派遣で働くと、選べる職種が多いです。

派遣社員に求められるのは即戦力になる、もしくは0から知識を付けながらでも働ける
ことと言えます。

派遣社員を求める企業は、雇う条件として

  • 同業界の経験がある
  • 同職種の経験がある
  • 未経験の職種なら~29歳まで
  • 社会人経験のある25歳以下は経験不問
  • 離職してから半年以内

などを提示していることが多いです。

 

職歴がないニートの方でも29歳までなら、未経験の職種に就くことができます。

仕事に対する意欲がありコミュニケーションがとれると、雇ってもらいやすくすることが可能です。

若ければ若いほど派遣として雇ってもらえるチャンスが増えます。

 

20代のうちに派遣で経験をつむことで、どんどんスキルが付きます。

そのため職歴のないニートの方は、選べる選択が多いうちに派遣として働くことを考えてみることをおすすめします。

とはいえ、おすすめの派遣とはいったい何なのでしょうか。

派遣社員には「登録型」と「常用型」がある

派遣社員には、登録型の派遣と常用型の派遣があります。

登録型と常用型の違いは、派遣先を

  • 登録型派遣:派遣会社に希望する勤務条件をつたえて紹介される
  • 常用型派遣:派遣会社の正社員として紹介される

ことです。

それぞれ詳しく説明します。

登録型派遣は派遣会社に希望する勤務の条件をつたえて派遣される

登録型の派遣は、派遣会社に希望する勤務の条件をつたえることで派遣先を紹介されます。

派遣された場合、派遣先で働いている期間だけ派遣会社と雇用の契約をしている関係です。

「派遣」と聞いてイメージされるのは、ほとんどの場合が登録型の派遣ではないでしょうか。

 

登録型の派遣は、働く派遣会社に登録することで派遣先が決まります。

派遣会社に登録してから派遣先の候補をいくつか提案され、その中からやりたい仕事を選ぶことが可能です。

登録型の派遣は、一般労働者派遣とも言われています。

常用型派遣は派遣会社の正社員として派遣される

常用型の派遣は、派遣会社の社員として派遣先で働くことです。無期雇用とも呼ばれています。

登録型の派遣とは違い、派遣会社から派遣先を伝えられたら、そこで仕事をしなければいけません。

とはいえ、派遣先の企業との契約した期間が終わっても、派遣会社との雇用の関係は退職するまで無期限に続きます。

派遣先の契約が終わっても、派遣会社が新たな派遣先を見つけてくれるので安心です。

 

新たな派遣先が見つからない間でも、派遣会社から給料がもらえるので生活に困ることはありません。

常用型派遣は、特定労働者派遣とも言われています。

 

より詳しいことはこちらの記事で紹介していますので、合わせてご確認下さい。

では、職歴のないニートの方にはどちらがおすすめなのでしょうか。

派遣から正社員になるなら登録型派遣がおすすめ

職歴のないニートの方が派遣から正社員になる場合、登録型の派遣がおすすめです。

とはいえ、「常用型の派遣は正社員として雇ってもらえるからそっちの方が待遇がいいのでは?」と感じる方もいらっしゃいますよね。

 

実は、常用型の派遣は働く条件について一切関与できません。

やりたくない業務を紹介されたら嫌でも派遣先で働く必要があります。

また正社員としての雇用は、採用試験や厳しい面接があるので職歴が少ないニートの方にはおすすめできません。

 

一方、登録型の派遣ではあなたの望む勤務時間や勤務日数を提案できます。

たとえば、派遣会社に

  • 労働時間:5時間
  • 労働日数:4日
  • 残業:なし

といった勤務の条件を指定することで、あなたにピッタリな派遣先を探してもらうことが可能です。

登録型の派遣は、登録する際にいくつかの質問を答えるだけで派遣先を探してもらえます。

まずは正社員になることを応援している登録型の派遣で、あなたにピッタリな派遣先を見つけましょう。

特におすすめなのが、脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業です。

こちらのサイトでは、正社員に向けて動き出そうとしている若手を応援している派遣サイトです。

若手にむけて

  • 職種の説明
  • 業種の説明
  • 働き方
  • 今後のアドバイス

などの説明会を開いています。

無料で参加できるので、話を聞きに行ってみるだけでも大丈夫です。

まずはどんな職種を扱っているのか確認することをおすすめします。

 


他にもこちらの記事では、登録型の派遣を探せるサイトを紹介していますので参考にしてみてください。

派遣の面接を通りやすくさせるコツはコミュニケーション

派遣の面接を通りやすくさせるコツは、コミュニケーション能力をアピールすることです。

登録型の派遣でも、派遣先が決める場合に面接が設けられることが多いです。

この面接では、採用に直接関わるわけではありませんが、派遣の契約を継続的にしてもらうためには重要な打ち合わせとなります。

最初の印象を良くすることで、派遣先の企業に「あの子の働きが楽しみ」だと思われるようにしましょう。

 

そこで重要なのが、相手の話をしっかり聞くこと

 

人とのコミュニケーションが苦手な人でも、相手の話を聞くことは可能です。

派遣先から聞かれたことはしっかり答えましょう。

 

また面接の最後に派遣先から「何か筆問はありますか?」と聞かれたことはありませんか?

このときに、「先ほど話された〇〇の件ですが…」と、質問してみましょう。

質問することがない時は、黙り込まずに「いえ、大丈夫です!」と答えることをおすすめします。

 

人の印象は最初に会った時の雰囲気に左右されます。

第一印象を良く思ってもらえれば、継続的に働ける可能性が広がりますよ。

派遣の面接は将来設計を伝える

派遣の面接では、あなたが考えている将来の設計像を伝えましょう。

派遣先の企業は、まだあなたを継続的に雇うかは決めていません。

たとえば、

  • 派遣先で付けたいスキル
  • それを使って派遣先にどう貢献できるのか
  • この先の人生における設計像

について話すことで、派遣先は「仕事に対する熱意」と「あなたを雇うメリット」について把握できます。

あなたの将来設計を伝えて、継続的に雇ってもらえる工夫しておくことをおすすめします。

職歴のないニートでも派遣を利用して正社員になろう

この記事では、職歴のないニートの方でも正社員になれる方法について説明しました。ざっくりおさらいします。

20代のうちに派遣で働くと、選べる職種が多いです。

職歴がないニートの方でも29歳までなら、未経験の職種に就くことができます。

派遣社員には、登録型の派遣と常用型の派遣があり、違いは

  • 登録型派遣:派遣会社に勤務に対する希望の条件をつたえて派遣される
  • 常用型派遣:派遣会社の正社員として派遣される

となります。

職歴がないニートの方におすすめなのは、登録型の派遣です。

派遣の面接では、あなたが考えている将来の設計像を伝えると継続的に雇用してもらえる可能性が広がります。

 

派遣社員は働き方の制限があるものの、継続して働くことで正社員になれます。

まずは、どんな派遣の仕事があるのかを探すところから始めてみましょう。