【超厳選ショートカットキー4選】これができるだけでエリート確定!?

スポンサーリンク



どうも、ショートカットキーをこよなく愛し時短推進を掲げるおしゅんです!

みなさんは普段どのくらいショートカットキーを使っていますか!?
ExcelやWordでのショートカットキーはいくつか知っているし、使うことも多いと思います。しかし!ショートカットキーが使えるのはそういったアプリ上だけではありません!!

 

PCは基本的にマウスを使わなくても操作ができるようになっているのです!
(マウスの方が早い時もあるけど)

 

そんな僕は、マウスなしでPC作業をする!!!

という目標も持ち、意識してショートカットキーを使うようにしています!

 

ただショートカットキーって覚えるのが大変なんですよね。
ショートカットキーを思い出すくらいなら使わないでマウスでやろう、、、とか。でも普段の生活で意識して使うことによって覚えていくスタイルが一番効果的だと信じて、めげずにチャレンジしています!

 

そこで今回は僕が厳選した4つのショートカットキーをご紹介します!

 

“オリジナル”ショートカットキー

 

オリジナル

 

どうですか?そそられませんか!?

オリジナルを作るためショートカットキーを設定する必要があるのですが、それが

超簡単なんです!!!!!その方法はこちら!!

 

スタート

すべてのプログラム

起動させたいアプリを右クリック

プロパティ

ショートカットキー(K)に任意の半角英字を1文字入力

 

たったこれだけです!!

これであなたのオリジナルのショートカットキーが誕生します!!

そして、ショートカットキーは

 

 

『Ctrキー + Altキー + 英字』

 

です!

英字の部分は先程任意で入力したものになります!

例えば、Excelなら「E」、Wordなら「W」など、頭文字を使ってみたりすると分かりやすいですよね!

 

弱点は他のPCでは再設定しないと適用できないという点のみ!

 

 

タスクバーアプリを一発起動!

 

使いたいアプリをタスクバーに置いている人って結構多いと思います。
そこにマウスを持っていきダブルクリックして起動させる。

そんなことしなくてもこのショートカットキーを使えば一発です。

 

『Windowsキー + 数字』

 

 

ただし、上記の方法だと11個目からは選択できないので

 

 

『Windowsキー + T + 矢印(←・→で選択)』

 

になります!

ちなみに数字はこんな感じになっています!

 

 

 

できれば10個以内にして使いたいですね!

デスクトップにショートカットを作るならこのショートカットキーを使った方が効率的です!

 

 

画面の切り替え

 

作業をしているといろいろなアプリやファイルが起動していて、必要な画面にうまく切り替えられない時ってありますよね。それが結構ストレスになるんです。

そんなときはこのショートカットキーを使いましょう!

 

1.『Altキー + Tabキー』

 

画面選択が出てくるので、Altキーを押したままTabキーで指定の画面まで移動させ、Altを話せば画面が切り替わります!

 

2.『Altキー + Escキー』

 

こちらは画面選択を表示させずに画面を切り替えることができます。
開いているアプリやファイルが少ない時にはこちらの方が効率的ですね!

 

3.『Ctrlキー + F6キー』

 

同一アプリ間での画面切り替えになります。
特にExcelなどで多く活用できますね!

この方法は3種類あるので状況によって使い分けてみてください!

 

 

ウィンドウを自由自在に動かせる 

 

開いているウィンドウをマウスを使ってサイズ変更場所移動などを行っていませんか?
でもマウスを使わなくても、このショートカットキーを使えば問題解決です!

 

『Windowsキー + 矢印キー(←・→)』

 

矢印キー(←)を選択すれば左側
矢印キー(→)を選択すれば右側
画面をピタッと移動することができます!

 

Let’s try!!!!!!!!!!!

 

どれも僕が厳選した知っていて損はないショートカットキーです!!

是非、活用してみて下さい!

最終的にはショートカットキー時短最強マニュアルとか作って広められたらいいなぁ。そしたらみんなハッピーだよね♪(いや普通に売るわ。3000円くらいで)

 

僕の人生にショートカットキーがあったら時間をもっと有効活用できるのに、、、。(?)