素人でもまだ間に合う!仮想通貨でお金を増やそう!

スポンサーリンク



どうも、仮想通貨を始めて資産が倍になったおしゅんです。正直「え、なんで始めないの?」と言いたくなるくらい勝手にお金が増える

実際には認識していない「不安」や「リスク」で結局始めないってめっちゃもったいないよ。なので始めるにはどうすればいいのか、先にざっくり説明するとこんな感じ。

始めるには
・使用資金を用意(お小遣いの1万円でも十分です)
・取引所を無料で登録
・買う
※カードでも購入可能

これだけです。そしてこれが僕が使っている取引所です。↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
僕自身、この「コインチェック」という取引所で取引をしてます。理由はスマホアプリでも確認できるし、何より使いやすい。
あと仮想通貨にはめっちゃ種類があって、それぞれの特徴もある。一番有名なのは「ビットコイン」かな?
ただ時価の値動きがあるので、価格は常に変動してる。そこら辺の詳しいことは、これから説明していきます。

まず仮想通貨ってなに?

ざっくり言えば『インターネットで使う電子マネーとは違った仮想の通貨』。しかも電子マネーは、管理先や管理者が決まっているが、仮想通貨にはそれが無い。

この仕組を例えると、お金を絶対量が決まっている物(貴金属)にする。これならイメージわきやすいですよね。

じゃあどんな時に変動するの?

仮想通貨の価格変動いうものがないため供給によって引き起こされる。だから「欲しい」という人が増えれば価格は上がるし、「いらない」という人が増えれば価格は下がる。

では、なぜ「欲しい」という人と「いらない」という人がいるのか。それは個人の考え方が大きく関係してくる。

仮想通貨市場では、プロのトレーダーがいない。つまり100%個人の判断となるわけだ。

欲しがる人ってどんな人?

「欲しい」という人は仮想通貨の原理や特性を知らなかったり、認知度の低さから「儲かる」という話だけを信じ、購入をしている人。また新たな決済の手段として使用できることに将来性を感じている人になる。

なので仮想通貨を買う量と、使う量が増えれば上がる。おまけに人の情報が完璧ではないし、ましてや嘘の情報も有り得る。

そのためリスクが無いわけではなく、資産が一気に減ってしまう可能性もある。

「いらない」という人はどんな人?

実は「価格変動の前に購入し、購入時の価格より高くなったら売る」人である。要するに、儲かった人が現金や別の仮想通貨に変換しているだけなのだ。

数を多くもっている人が一気に売ってしまえば、価格はガクッと一気に下がってしまうこともある。

どんな仮想通貨があるの?

ここでいくつか仮想通貨を軽く紹介しよう。

銘柄
    1. ビットコイン(Bit coin : BTC)
      現在(2017/11月)、時価No.1。複数のお店で決済が可能
    2. イーサリアムEthereum : ETH)
      ブロックチェーンを使い、資産管理可能
    3. ネム(Nem)
      日本人のファンが比較的多い
    4. リップル(Ripple : XRP)
      決済スピードなどの課題を課題を克服した通過
    5. ファクトム(Factom : FCT)
      情報漏えのリスクが少ない
    6. モネロ(Mon ero : XMR)
      時価変動が起こりやすい
    7. ビットコインキャッシュ(Bit coin Cash : BCH)
      ビットコインがハードウォークして生まれた通貨

一体何を買えばいいの?

知名度や将来性、信頼性など、価格変動の大きさやメディアやニュースに取り上げられる銘柄がおすすめ。 現状、絶対に上がるとか下がるとかはわからない。ただ個人的には「ビットコイン」くらいはもっていて損はないと思う。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin