ジムで仲間を作るたった1つの方法とは?

スポンサーリンク



どうも、周りの視線が針のように鋭く感じるおしゅん(@syuuuretter)です。 スポーツって楽しいよね!汗をかくって素晴らしいよね!こんな風に感じるようになったアラサー独身会社員。

実は20くらいの頃、身体動かすのすげー嫌いだったんですよ。身体なんか動かしたくない!だって

・だるい
・とにかくだるい
・汗かいたらシャワー浴びるのもだるい
・こけたらケガするからだるい
・痛いの嫌だ!だるい
・DARUI
・樽ビッシュ
・でも見るのは好き
って感じで怠けてました(笑)

でも今は身体を動かすのがすげー楽しいです!その理由として『仲間ができた』ってのがあるんですよ。

仲間を作る方法とは?

 

 

これだけ。

 

 

 

 

 

はぁぁあ!?いやいやいやいやいやいや!!!!!なんだよそれ???あたりめえだろぉぉーーーーぉぉぉぉお!!!!

ってなりましたよね、すみません。これからその方法を紹介します!

どんな方法なの?

単純に感じた通りに。自分より優れているところとか、尊敬できるところとか。トレーニング中、内心「うわぁすご、腕太いな」とか思ったりしませんか?

そんな時は「腕太いですねぇ!すごいなぁ、どんなトレーニングされてるんですか?」と話しかければいいだけです。褒められて、嫌な人はいないですからね。

むしろ筋トレしてる人って筋肉を魅せるためにトレーニングしてるんですよ。

そうは言っても、なかなか行動に移せないのが本音ですよね。大丈夫、1年くらい前は僕もそうでした。そんな今の僕は、ジムに行けば必ずと言っていいほど知り合いがいます。

むしろ気になった人なら話しかけます。誰にでもできる簡単な方法を説明していきます。

重要ポイント

話しかけるのに必要なのは

です。

間合い

相手との間合いは近すぎず、遠すぎず。なるべく自然な動きで不信感を出さないように。例えるなら、こんな感じ

視線

ガン見はだめ、長く見過ぎもだめ。5秒以内くらいがベスト、そこで相手が気付いてくれれば勝ちです。例えるなら、こんな感じ

空気

主観的ではなく、客観的に状況を把握しましょう。相手は本気でトレーニングしているので、自分が話しかけたいからといって主観的に場の空気をとらえると、完全に相手の邪魔をしてしまいます。

マシンの移動するタイミングを見計らって行動しましょう。例えるなら、こんな感じ

 

まとめ

いかに自然に、かつ不快感を与えずに話しかけられるか。これを考えながら行動してみてください。
あきらかに怪しい動きや不自然な行動は警戒されます。むしろ距離を取られます。やるなら自分に自信をもってチャレンジだ!