栃木県のおいしいとちおとめが食べ放題!新設やいた里山いちご園に行ってきた

スポンサーリンク



どうも、ビタミン大好きおしゅん(@oshunshunn)です。

僕の出身地は栃木県なんですが、栃木といえば有名なのが「いちご」ですよね。「とちおとめ」とか聞いたことありませんか?

 

先日、栃木県矢板市にある「やいた里山いちご園」というところにいちご狩りに行ってきたんですよ。

この農園はなんと2018年1月にできたばかりなんです!

 

しかもここは6種類の中から好きな品種1種類選べて50分間食べ放題!ということで、おいしいいちごをいっぱい食べようと気合を入れて、前日の夜はご飯を食べずに挑んできました。

やいた里山いちご園ってどんなところ?

栃木県矢板市にある農園で、東北自動車道矢板ICから2kmほど行ったところにある農園です。

長靴も貸し出ししてくれているので、農園の方に相談してみましょう。

以下の中から好きな品種を1種類選ぶことができます。(シーズンにより変動あり)

引用:http://e15.oshima-cf.com/

 

詳しい情報はこちら↓

営業期間 2018年5月31(木)まで
営業時間 ・通常摘み取り
9:00~16:00(受付終了15:00)
・ナイター摘み取り
16:00~21:00まで(予約要)
時間/料金  摘み取り時間50分
大人(中学生以上)/1600円
子供(中学生以下)/1100円
幼児(3歳未満~小学生未満)/500円
住所 〒329-2143 栃木県矢板市境林5319
電話番号 0287-48-7040
080-1018-0415
WEBサイト http://e15.oshima-cf.com/

 

ほかの農園も検索・ネット予約できます。ネット予約は割引があるのでお得ですね♪

いちご狩りは晴れの日が続いた2月がおすすめ!

いちごってクリスマスで食べるショートケーキに乗ってる印象が強すぎて、12月の寒い時期が旬だと思われてることが多いんです。

でも実際は1月下旬~3月くらいが一番旬な時期なんですよ。

 

もちろん12月に最も多く使われるのは事実なので、販売用のいちごを出荷しています。

寒い時期は成長が遅いので12月はいちごが少ないことも考えられます。

 

出荷したいちご達がまた実るのは1月下旬頃になると予想されます。

地域や品種によりいちご狩りが始まる時期も違いますが、甘くておいしいいちごがいっぱいあるのは2月頃です。

 

3月になり暖かい日が続くと日光を浴びて甘くなりますが、ビニールハウス内の気温が上がり、いちごが温かくなってしまいます。

すると傷んでしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

 

 

イチゴ狩りに行くなら午前中がおすすめ!

いちご狩りは絶対午前中にしましょう。食べ放題ということもあり、色の良いものはどんどん先に食べられてしまう可能性があります。

午後になるとビニールハウスの中も気温が上がり、汗をかきながら食べる羽目になることも。体温調節が簡単な服装をしていきましょう。

できればオープンの時間からいけると、もっとおいしいいちごが快適に食べられるかもしれません!

 

 

 

 

天候に左右されず楽しめる

ビニールハウスの中なので、仮に雨が降ったとしても十分楽しむことができます。お子さんを連れて行ってみたり、デートで行ってみたりしてもいい思い出になりますね。

特に害はないのですが、このようにビニールハウスの中でミツバチたちが工場を構えてせっせと働いています。

女性の方の場合「キャッ!」みたいになるかもしれません。こちらが何もしなければ刺してこないので安心ですよ。

ちなみに僕はこんな奇行種とも出会えました(美味しかったです)。食べ放題にもかかわらず、楽しみながらおいしいいちごが食べらるなんてなかなかありませんよね。

皆さんも行く機会があれば是非行ってみて下さい。