5年間住んでわかった!ひとり暮らしで本当に必要だったもの9選

スポンサーリンク



どうも、おしゅん(@syuuuretter)です。地方での会社員生活のため、5年間ひとり暮らしをしていました。

ただひとり暮らしを始める前は心のどこかで「3か月くらいで帰ってこれるだろうから、必要なものは現地調達しよう」と考えていました。なので当時、家から持って行ったのは布団とパソコンと充電器と服のみ。

でもいざふたを開けてみれば、なんと5年も住んでいました。ネットを調べて必要なものをいろいろ買ったり実家からもってきたりとなんとか揃えてみたものの、結局使わずそのままごみ箱行きになったものもありました。

無残にも一度も活躍せず引退していった仲間たちを尻目に、5年間住んでいてかなり重宝したアイテムがあったのも事実です。

「あ、確かにそれ必要だな」と思う意外なものもありますので参考にしてみてください。ただし消耗品は除いてます。

ひとり暮らしで必要なもの①タコ足配線

間違いなくこいつは持って行ってください。次に出てくる布団よりも先に!命の源「タコ足配線」を!特におすすめはこれ!

 

部屋に入った初日に僕が一番苦労した電気類。コンセントの数と位置が把握できてれば苦労はしなかったと思います。でもテレビ、パソコン、充電器、Wi-Fi、ドライヤー、電子ケトル、掃除機等、用途はざまざまです。ほんとに足りなくなりますし、いちいち抜くのが面倒になります。

ひとり暮らしで必要なもの②布団

ゆっくり寝たいですよね。ご自宅にある布団を持っていきましょう。

ひとり暮らしで必要なもの③ハンガー(バスタオル用)

ひとり暮らしの洗濯は下着とバスタオル、仕事着くらいしかありません。少量のしかないのに毎日洗濯となると正直、水道代が結構かかります。

なので2・3日に一回まとめて洗濯するのがおすすめです。洗濯物の量が多くても大きめの引っ張りハンガーがあれば1つで済みます。

バスタオルはがさばって生乾きの臭いが発生してしまいます。専用のハンガーを用意しておきましょう。

ひとり暮らしで必要なもの④空気清浄機

空気の洗浄と加湿・除湿ができるものがあればベストですが、高機能の空気清浄機は金額の高いものが多いです。

ただ空気清浄機の主な働きは室内干しの空気の循環です。これだけであれば価格を抑えて購入できます。

ひとり暮らしで必要なもの⑤アルコール

水回りはこまめにアルコール消毒して雑菌の繁殖を防ぎましょう。皆さんの天敵「G」にも有効です。これに加え、洗濯物や靴にも吹きかけることで消臭効果も発揮しますので多方面で使用できます。

ひとり暮らしで必要なもの⑤コタツ

夏場はテーブルとして使い、冬場は暖房器具として活用しましょう。エアコンよりも速効性は低いですが、電気代は抜群に安いです。

ひとり暮らしで必要なもの⑥テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ

僕の場合は部屋についていましたが、完備されてないこともあります。新しく買うならコスパのいいものを選びましょう。ひとり暮らしで使うならこんな感じのがおすすめです。

テレビ

冷蔵庫

洗濯機

電子レンジ

ひとり暮らしで必要なもの⑦鍋

料理をあまりしない人であればこれ一つでできます。フライパンや土鍋の代わりにもなります。

ひとり暮らしで必要なもの⑧炊飯器

自炊するなら炊飯器は必需品です。冷凍保存もできますので、3日分をまとめて炊いておくと節約にもなりますよ。

ひとり暮らしで必要なもの⑨電気ケトル

カップラーメンを食べることが多かったのですが、IHだったためお湯が沸くのに時間がかかりました。電気ケトルを使うことで5分もかからずお湯を沸かすことができます。

さらに茹でたり鍋を作ったりするのにもお湯だけは電子ケトルで沸かせば時間短縮につながるのでおすすめです。

現地調達も可能なものは後回し

必要なものを一気に揃えてしまうと、使う場面が異なるので最悪自宅に放置になってしまうこともあります。さらに出費もかさんでしまうので、住んでからすぐに必要となる最低限の「タコ足」「布団」「電気ケトル」は準備して引っ越せると安心です。