ヒトデさんの経歴に鳥肌が立った理由とは?

スポンサーリンク



どうも、今年いっぱいで会社を辞めるおしゅんです。ブログには必ずといっていほど存在しているブロガーさんの「プロフィール」のページ。

今回、ヒトデさん(@hitodeblog)のプロフィールを見ていたらて鳥肌がたちました。※ヒトデさんのプロフィール

理由は「自分に似すぎ」ていたから。※おしゅんのプロフィール

ブログを書いている身として、これを記事にしないわけがないんですYO!!

いったい何が似てたの?

特に

・小学生時代の後悔
・中学生時代の生き方
・その後

年齢も近くて育ってきた過程の共通点が多くて涙がにじみました。※涙は出てない

本当に中学くらいまでは丸々そっくりで「あれ、これ自分のなのかな?」ってなりました。

小学生時代を犠牲にしてきた

たった6年、されど6年。今考えると、何をしていたかなんて覚えていない人もいるかと思います。

僕の場合、ヒトデさんと同じくらい習い事はやりまくっていました。

・そろばん(週3もやってた)
・スイミング(でもデブだったけどね)
・習字(超字が下手、もはやコンプレックス)
・サッカー(遊び感覚だけど)

結局、なにも身に付いてないんです。(おとー、おかー、ごめんな)

高学年になると、「いい加減、友達と遊戯王やらエアガンやらで遊びたい」って毎日考えてました。

でも「自分でやりたいって言ったんだから、最後までやりな」って言われて辞められず。(頑固なかーちゃんなんです)

考えてみると「犠牲」というかもはや「無駄」に近いよなー。そんな苦痛に耐えながら生活していた小学生時代。

さらに毎年書いていた文集は、とにかくウケを狙って書いていました。が、全くウケず←ここが違いますね

中学生時代はテニスにのめり込む

習い事を全部辞め、部活ソフトテニス部に入りました。理由は”テニスの王子様”が全盛期だったから。ツバメ返しと波動球は頻繁に練習していましたよ。

普段の練習は朝の5時くらいからやっていましたね。(笑)練習と言っても遊び感覚なところもあったけど、雨が降ったら市営の体育館まで借りて練習をするくらいのめり込んでました。

冬場は風が強くて全然練習できなかったなー。でもこんなに練習しときながら、大会は地区大会で負けてました、無念。

 

その後はというと

ここら辺になってくると少し違ってはきますが、僕も高校でバンド始めるんですよ、しかもドラムで。

この時は「銀杏ボーイズ」「GOING STEADY」のコピーをやっていましたね。

そして大学生になり、女の子といっぱい遊べると思っていたのに、男しかいない理数系Fラン大学に入学。結局バイトしまくって大学生活が終わりました。さらにはニコ生全盛期でよくお世話になってました。

社会人になって、矛盾だらけの会社に絶望し超会社大嫌い人間になって、辞める決心をするんです。(笑)

結局、自己満足の記事になっていました

・小学生時代の後悔
・中学生時代の生き方
・その後

このくくりで説明してきましたが、見つけたヒトデさんのブログが面白くて、プロフィールを見たら「超似てる!!!!!」って興奮して記事にしたわけです。(笑)

僕もヒトデさんみたいに、文章で人を楽しませられる技術を身に付けたいですね。今後は、文章の構成がどうなっているのか詳しく調べていきたいと思います。