部屋干しの嫌なニオイを消す方法|家にあるもので簡単にニオイが消える

スポンサーリンク



雨の日が続くと、洗濯物を外に干せませんよね。

外に干せないと「ぜんぜん乾かない!」「明日着る服がない!」なんてことも。

しょうがなく部屋の中に干すも、気になるのは部屋干しの嫌なニオイですよね。

家庭用の除湿機を使っても、なかなか効果を実感できない方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、乾燥機にかけると服が痛みますし電気代がかかります。

また、コインランドリーに行く時間が取れなかったり乾燥する時間を待つ必要があったりと、不便極まりないですよね。

そんなときにおすすめなのが市販で売っている「消毒用のアルコール」です。

今回の記事は、乾燥機に2回かける程度の金額で買えるアルコールを使って、部屋干しの嫌なニオイを無くす方法をご紹介します。

部屋干しの嫌なニオイの原因は「洗い残し」と「湿気」

部屋干しの嫌なニオイの原因とされるのが、雑菌の繁殖です。

雑菌は、湿気が多い場所を好みます。

梅雨の時期は、湿度が高いので洗濯物が乾きにくいです。

さらに、雨が続くので洗濯物を外で干すことができません。

その結果、雑菌の繁殖が進んでしまいます。

雑菌が増えることで、眉間にシワを寄せたくなる悪臭を放ちます。

 

そして、雑菌が繁殖するときに餌となるのが、洗濯で落としきれなかった汚れたち。

雑菌は、洗い残された汚れを餌にどんどん増えます。

 

つまり、洋服についた汚れを落としきり、雑菌が繁殖する前に衣類を乾かすことで悪臭を防ぐことが可能です。

洗濯前に汚れをしっかり落そう

雑菌の餌となる汚れの洗い落としを減らすことで、部屋干しの嫌なニオイを防ぎやすくすることができます。

たとえば、洗濯機にかける前に40℃のお湯に浸けてみましょう。

お湯に浸けることで、衣類に付いた汚れがゆるんで落ちやすくなります。

洗濯しても汚れが落ちないものは、事前にお湯につけて落ちやすい状態にしておきましょう。

ニオイの原因となる雑菌を減らすアルコール消毒

雑菌の増殖を簡単に減らす方法は、洋服についた雑菌を消すこと。つまり、アルコール消毒です。

ニオイの原因となる雑菌そのものを殺してしまえば、簡単に悪臭を防げます。

消毒の効果を高めるためにも、以下の場所を消毒しましょう。

アルコールをする場所
  • フードや袖など衣類が重なる所
  • 大きいバスタオル
  • 汚れが多くついていたもの

洗濯物を干すときのコツは間隔をしっかり空けること

洗濯物を干すときは、衣類の間隔をしっかりと空けましょう。

洗濯バサミにビッシリ干すと、きれいに見えて気持ちいいですよね。

ただ、そのままだと洗濯物の間に空気が通りにくくなり、湿気がたまりやすいです。

その結果、嫌なニオイの発生に繋がる可能性が高いです。

洗濯物の間隔を空けることで、衣類の間に空気が入りやすくなります。

空気が入りやすくなることで、水分を含んだ空気を逃がしやすくすることが可能です。

部屋干しするなら扇風機を回して空気を循環させる

さらに、扇風機を当てることで、空気を循環しやすくなります。

洗濯物に扇風機を当てるのは「お金がもったいない…。」と感じる方も多いです。

とはいえ、乾いた洗濯物から部屋干しの嫌なニオイがしたら「うわ、もう一度洗おう」と、洗い物が無駄に増えませんか?

せっかく洗ったのに、部屋干しの嫌なニオイがするものを再び洗濯すると

  • 水道代
  • 洗剤
  • 干す手間

などが無駄にかかります。(ざっくりですが、100円以上はかかるかと思います…)

それなら、半日ほど扇風機をかけて数十円払った方がお得ですよね。

干した洗濯物に扇風機を当てることで、水分を含んだ空気が停滞するのを防ぎ、洗濯物を乾きやすくすることが可能です。

唯一のデメリット:柔軟剤の匂いが薄れる可能性がある

衣類をアルコール消毒するときの欠点は、柔軟剤のニオイも一緒に消えてしまう可能性があることです。

アルコールは、成分によっては香料を溶かす性質があります。

洗濯物を干すまではいい香りがしますが、乾いた後は柔軟剤の匂いが薄れてしまいやすいです。

乾いたタオルを使った際に、ふわっと香る柔軟剤を楽しみにしている方も少なくありませんよね。

嫌なニオイを抑えるか、一か八か柔軟剤でニオイをカバーするかになりそうですね…。

ただし、柔軟剤の使いすぎは注意が必要

嫌なニオイを消すために、柔軟剤の量を増やすのはおすすめできません。

最近では、柔軟剤の匂いが強いものがあります。

匂いの強い柔軟剤には、たくさんの化学成分が利用されている可能性が高いです。

化学成分によっては、アレルギーやくしゃみ、咳を誘発することも。

服を着ている本人には問題ありませんが、周りの方への被害になってしまうのは気が引けますよね。(それってタバコを吸う人が、周りを気にせずに吸うのと同じ原理ですよね…)

部屋干しの嫌なニオイを発生させたくないのであれば、雑菌の繁殖を減らしましょう!

部屋干しの嫌なニオイから卒業!まずは干し方の改善を!

今回の記事では、部屋干しの嫌なニオイを簡単に取る方法をご紹介しました。ざっくりおさらいします。

部屋干しの嫌なニオイの原因は「洗い残し」と「湿気」でした。

嫌なニオイの基となる洗い残しは、事前にしっかりと落しましょう。

雑菌の繁殖を防ぐには、

  • フードや袖など衣類が重なる所
  • 大きいバスタオル
  • 汚れが多くついていたもの

にアルコール消毒するのが効果的。

 

 

洗濯物の間隔をしっかりと空けて、扇風機を回すと効果が高くなりやすいですよ。

だだし、柔軟剤の香りが薄くなる可能性がある点は理解しておいてください。

部屋干しの嫌なニオイは、そのまま着ていると他の衣類にも雑菌が増える原因になります。

まずは、洗濯物の干し方を見直して、部屋の空気を循環させるのを意識することから始めましょう。