派遣社員は結婚できない?不安の原因と結婚するまでのベストな道のり

スポンサーリンク



「派遣社員だけど、そろそろ結婚したいなぁ」

と考えていませんか?

 

結婚に制限はありませんが、派遣社員の立場では受け入れてもらえない可能性があります。

どうにかして結婚まで話を進めたいところですが、周りの意見にも耳を傾けなければいけません。

 

そこでこの記事では

この記事でわかること
  • 派遣社員と結婚できる?できない?
  • 派遣社員との結婚で不安となる要素
  • 派遣社員で結婚するための方法

について紹介します。

 

これから結婚を視野に入れて活動する方は、ぜひ参考にしてみてください。

派遣社員との結婚できる?女性の本音はできれば避けたい

派遣社員との結婚は、女性からすると不安が多いためできれば避けたいと思っている人が多いです。

 

結婚は2人の同意だけでなく、お互いの両親にも許可を得てからした方が結婚生活のいいスタートが切れます。

 

しかし派遣社員という立場は、正社員と比べると優遇されることが少ないのも事実です。

そのため、将来的に厳しいのでは?というイメージを持たれてしまうことがほとんど。

 

やはり派遣社員ということで結婚ができないことも少なくありませんが、正社員と派遣社員の婚姻率はどのくらい違うのでしょうか?

正社員との婚姻率の違いは30代で2倍以上変わる

派遣社員と正社員の婚姻率を比べると、30代で2倍以上も変わる結果となります。(2012年 厚生労働省調べ)

 

男性の未婚者の割合は、以下のようになっています。

【正社員の男性の未婚率】

  • 20代・・・67.5%
  • 30代・・・30.7%

 

【派遣社員の男性の未婚率】

  • 20代・・・94.0%
  • 30代・・・75.6%

 

20代は差が少ないですが、30代では2倍以上違ってきます。

 

派遣社員の方が、未婚の割合が多いです。

 

とはいえ、なぜ派遣社員との結婚を避けたいという声が多いのでしょうか?

まずは結婚を避けたい理由から説明します。

派遣社員との結婚を避けたくなる3つの理由

派遣社員との結婚を避けたくなる理由は、

  • 夫に経済力を求めているから
  • 夫が派遣社員だと恥ずかしいから
  • 両親の反対があるから

の3つがあげられます。

 

それぞれ詳しく説明します。

夫に経済力を求めているから

女性は、男性に経済力を求めていることが多いです。

というのも、出産や子育てをすると働けない期間ができてしまうので、金銭面的に不安に感じることがあります。

そのため、経済力を求める傾向が強いです。

 

結婚してから頼りできるのはあなたの給料です。

それが派遣社員だと正社員と比較して不安定なのでは?と疑問を持たれる原因になることも。

 

とはいえ、派遣社員でも経済力さえあれば不安は解消できる可能性が高いです。

派遣は高時給の仕事が多いので、派遣先を変えることで解決できる悩みと言えます。

夫が派遣や契約だと恥ずかしいから

女性は、夫が派遣社員だと恥ずかしさを持ってしまうことがあります。

 

恥ずかしさの原因は、

  • 知人に紹介できないから
  • 正社員になる能力がないから

と思われてしまうことです。

また、派遣社員は

  • 正社員に立場を下に見られてしまうのでは?
  • 契機によってはクビになってしまうのでは?

といった不安もあります。

 

そういった場合に、恥ずかしさを感じてしまうことがあります。

 

今の時代、好んで派遣社員をしている人はいないと思っている人が多いですよね?

そうなると、派遣社員よりは安心できる正社員の方がいいといった意見もあります。

 

とはいえ、派遣社員は仕事を選ぶことができます。

やりたいことを仕事にできていることに誇りを持ってスキルを磨いていきましょう。

両親が反対するから

派遣社員の場合、両親に仕事を紹介すると「派遣なの?」と言われることがあります。

両親側は、「派遣社員は不安定で将来が心配だ」と強く感じてしまっているケースがほとんど。

 

両親は、一定の経済力があった方が大変な思いをしないことを既に経験しています。

そのため、派遣社員との結婚を反対する声が多いです。

 

派遣社員とはいえ、好きな職種を選んで仕事を続けていれば正社員の話を持ちかけられます。

好きなことをやり抜けている自信を忘れないよう、業務を続けていきましょう。

派遣社員で結婚するならやりたいことで目標をつくる

派遣社員で結婚するなら、やりたいことを見つけて目標を作りましょう。

 

派遣社員は、いろんな職種の中からあなたの好きな仕事を選べます。

ますはその仕事でどんなことがしたいのかを見つけてみましょう。

 

やりたいことさえ見つければ、長く働くことができます。

長く働けば正社員として雇ってもらえる可能性が高くなります。

もちろん100%雇ってもらえるとは限りません。とはいえ、長い間スキルを身に付けながら働いてきた実績は、必ず評価してもらえます。

 

まずはやりたい仕事を見つけて、目標を作ってみましょう。

やりたい仕事が決めたら高時給の派遣先でみつけよう

やりたい仕事が決めたら、派遣検索サイトから高時給の派遣先でみつけましょう。

こちらの記事で、おすすめの派遣検索サイトを紹介しているので参考にしてみてください。

派遣社員が結婚したら上司に報告しよう

派遣社員は結婚したら上司に報告するべきです。

 

結婚は公的な手続きが必要になります。

「婚姻届」を提出すると、片方は名字が変わることもあります。

名字が変わるということは、年金や税金などの名義を変更する手続きが必要です。

 

また、結婚することで職場に影響がある可能性があります。

たとえば

  • 結婚式
  • 新婚旅行

など、長期の休暇を取らなければなりません。

 

そのため、まずは上司に報告し、会社側の手続きを報告しましょう。

派遣社員で結婚したら派遣元と派遣先のどちらに報告するべき?

派遣社員で結婚したらまずは派遣元の上司に報告しましょう。

 

派遣社員としての契約は、派遣会社としています。

そのため、年金や税金の手続きを派遣会社に行ってもらう必要があります。

 

派遣先の上司への報告は、派遣会社に伝えたときに派遣先へ伝えてもいいかを確認してからにしましょう。

派遣社員の結婚は実績を作って不安要素を無くしてからがおすすめ

今回は、派遣社員の結婚について紹介してきました。ざっとおさらいすると

派遣社員の結婚は、不安となる要素が多いです。

 

派遣社員との結婚を避けたくなる理由は、

  • 夫に経済力を求めているから
  • 夫が派遣社員だと恥ずかしいから
  • 両親の反対があるから

の3つがあげられます。

 

不安の要素を少しでも減らすために、実績を作りながら経済力をつけていくことで正社員までの道を切り開けます。

 

まずは、やりたいことをみつけて高単価の派遣先を探すところから始めましょう。