派遣社員の顔合わせは面接と違う!本当の狙いと成功させるコツ

スポンサーリンク



「どんな人がいるんだろう?頑張ってやっていけるかな?」

と派遣される前は不安になりますよね。

 

ですが、派遣社員には顔合わせがあります。

顔合わせは、派遣先を選ぶときに必要な情報を確認できる重要な機会です。

あなたがもっているスキルをアピールすることができます。

 

とはいえ、

  • 顔合わせってなにするの?
  • 顔合わせと面接の違いってなに?
  • どんなことを聞けばいいの?

と疑問を持ちますよね。

 

そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • 顔合わせの本当の意味
  • 顔合わせと面接の違い
  • 顔合わせで必要な質問事項

について説明していきます。

 

これから顔合わせの予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

派遣社員の顔合わせは面接ではなく面談

派遣社員の顔合わせは、面接ではなく面談もしくは職場の見学です。

 

面接は、正社員として働くことを希望する人に対して、自社に必要なのかを判断します。

面接の内容によって結果が変わります

 

顔合わせは、派遣会社のスタッフと派遣先の担当者に会って業務に関する打ち合わせを行うものです。

また、派遣先で

  • どんな業務ができるのか
  • 社内の雰囲気
  • 1日の流れ

などが確認できます。

 

面接と違い、選考が左右されることはないので安心して望めます。

 

打ち合わせの日時は派遣会社のスタッフが調整してくれるので、派遣先への連絡をする必要はありません。

顔合わせで派遣社員の選考をするのは違反

派遣社員を顔合わせで選考することは、派遣法で禁止されています。

派遣先の企業は、

  • 履歴書をみる
  • 面接をする
  • 年齢を確認する
  • 性別を確認する

などをしてはいけません。

 

ただし一定の期間がすぎてから派遣先で正社員として雇用される場合に限り、事前の面接が認められています。

派遣社員の顔合わせは必ず行わなければならない

派遣社員は働く場所が決まったときに、必ず顔合わせをする必要があります。

 

顔合わせは、派遣先での仕事の内容や社内の環境を確認するのが目的です。

 

派遣社員は、派遣先で働くかどうかの決定権を持っています。職場を見学して仕事を受けるかどうかを決めることができます。

 

また派遣先が決まっていない場合は、正当な理由を伝えて断ることが可能です。

 

要するに顔合わせは、職場の見学して自分に合うかどうかを判断するためのものになります。

顔合わせのおおまかな流れ

顔合わせの流れは、

  1. 派遣先からの業務の説明
  2. 簡単な自己紹介
  3. 職場内の見学
  4. 質疑応答

です。

派遣先から派遣社員に対する質問や個人情報を確認することはありません。

 

それぞれ説明します。

1.派遣先からの業務の説明

派遣先からの業務の説明は、依頼する仕事の内容についてです。

求人ではわからない

  • 会社の雰囲気
  • 会社の方向性
  • 業務の内容
  • 取り扱っているソフト
  • 始業時間
  • 勤務時間
  • 終業時間
  • 残業の有無
  • 休日出勤の有無

などを具体的に再確認することができます。

2.簡単な自己紹介

簡単な自己紹介は、あなたの持っているスキルや得意なことを伝えます。

 

派遣先は、業務の経験を選考の基準することは禁止されています。

あくまでもスキルの確認なので、職歴や経歴、個人情報になどを伝える必要はありません。

3.職場内の見学

職場内の見学は、派遣先で働くイメージをつかむために職場内を回ります。

会社内でおこなわれる行事や活動についてチェックしてみましょう。

4.質疑応答

質疑応答は、スキルや担当する業務の知識についての質問になります。

説明を受けて疑問に思ったことを確認できる時間もあるので、気になることがあればしっかり確認しておきましょう。

顔合わせの服装は爽やかさが伝わるように

派遣社員の服装は、清潔感のある印象を持ってもらえるようにしましょう。

 

男性の場合は、ネイビーや黒のスーツもしくはジャケットを羽織ったオフィスカジュアルがおすすめです。

寝ぐせやシワシワのYシャツはNGです。

 

女性の場合は、ネイビーや黒のスーツもしくはジャケットとスカートのオフィスカジュアルがおすすめです。

髪はうしろでまとめておくナチュラルメイクにとどめることで清潔感がアップします。

 

顔合わせでは、派遣先がカジュアルな服装を許可していても整えた服装の方が好ましいですよ。

派遣社員が顔合わせでするべき2つの質問

派遣社員が顔合わせでするべき質問は

  • 業務の内容を具体的に確認する質問
  • 働いている社員の声を聞けるのかの質問

の2つです。

 

自分がどんな仕事をしたいのか決まっているのに、「派遣されたら思っていた業務と違った」なんてことは絶対避けたいですよね。

納得できる業務ができるようしっかりと確認しましょう。

業務の内容を具体的に確認する質問

業務について質問するときは、具体例を出しながら確認しましょう。

 

派遣先は、あなたにとって魅力的にみえる表現をしてきます。

例えば、

「やればやっただけ成果が出るのでやりがいを感じられる!」

と言われたらどうでしょう?

 

「やりがいを感じられる仕事がしたかった!」

 

と喜ぶ人もいますが、実際に業務をしてみたら

成果が出るまで1ヶ月以上かかってしまった

1日8時間で終わる作業量ではなかった

なんてことが起きることもあります。

 

それではストレスになってしまいますよね。

 

魅力的な言葉に対して、質問するときは

  • 成果が出るまでどれだけの時間がかかるのか
  • 1日の仕事の量はどれくらいなのか

など、具体的な答えがかえってくるように質問してみましょう。

働いている社員の声を聞けるのかの質問

実際に働いている社員の方の声を聞けるのか確認してみましょう。

 

「普段から社員同士の交流は多いのですか?」

「社内での取り組みで割り振られている業務はありますか?」

など、社員の方の声を聞くことであなたが派遣されてから働くイメージをしやすくなります。

 

もし社員の声が聴けない場合は、職場内を見学しているときに

「職場の人たちがどんなやり取りをしているのか」

を観察してみるのがおすすめです。

社内の環境があなたに合うかどうか判断しましょう。

顔合わせで不採用になる可能性はある?

顔合わせは、職場の見学と変わらないので選考を左右ことはありません。

ですが社会人として非常識な言動によって、受け入れるのは厳しいと判断される可能性はあります。

 

派遣先もわざわざ時間をとっていますので、失礼のないような対応を心掛けましょう。

派遣社員の顔合わせ後の結果は3日以内にでる

派遣社員の顔合わせの結果は、終わってから3日以内に出るケースがほとんどです。

 

顔合わせが終わってから、派遣会社のスタッフと派遣先の担当者で打ち合わせをします。

その場ですぐに採用が決まることもあれば、翌日か翌々日に結果が出ることもあります。

 

結果が出るまで時間がかかる理由

結果が出るまで時間がかかる理由があります。

特に多いのは

  • 社内でのサイン待ち
  • 他の派遣会社と比べている

の2つです。

 

とはいえ、どちらも待つしかありません。

3日以上も待っているのに連絡がない場合は、派遣会社に確認してみましょう。

派遣社員の顔合わせを有効活用して理想の職場を探そう

この記事では派遣社員の顔合わせについて紹介してきました。ざっくりまとめると

顔合わせは、派遣社員を採用する判断の基準にはなりません。

 

あなたが働く際に

  • やりたい業務はできるか
  • 社内の環境は合うか
  • 勤務の条件は希望通りか

を見極めるためのものになります。

 

不安の要因を減らせるように、確認したいことをまとめる準備からはじめていきましょう。