派遣社員と業務委託の違いとは?自分に合うのは?をわかりやすく解説

スポンサーリンク



「派遣社員と業務委託って仕事するのには変わりないけど、なにが違うの?」

と感じてはいませんか?

 

仕事をするうえで、会社との契約方法は生活に影響が出るほど重要なことですよね?

 

そこでこの記事では、

  • 派遣社員と業務委託について
  • 派遣社員と業務委託の違い
  • 派遣社員と業務委託の向き不向き

についてわかりやすく説明します。

 

派遣社員と業務委託について正しく理解するためにも、まずはそれぞれを理解するところから始めていきましょう。

そもそも派遣社員とは派遣会社と雇用契約をした人

派遣社員とは雇用形態の1つで、派遣会社と雇用の契約をして、紹介された派遣先で仕事をすることです。

あなたを雇用するのが派遣会社となり、働くところを紹介されます。

派遣先で仕事をしますが給料は派遣会社からもらいます。

 

派遣社員には、登録型と常用型の2種類があります。

  • 登録型:希望の条件で派遣される派遣社員
  • 常用型:正社員として派遣される派遣社員

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

派遣社員は労働者を雇用している形態のことで、派遣会社から働く場所を紹介され派遣先で指示を受けて仕事をします。

業務委託契約とは雇用契約を結ばずに決められた期間で仕事を依頼すること

業務委託とは、雇用の関係を結ばず企業もしくは個人に依頼する方法です。

業務委託は、

  • 請負契約
  • 準委任契約

の2つの契約方法をまとめた呼ばれています。

それぞれ詳しく説明します。

請負契約は仕事の完成(結果)に対しての報酬

請負契約とは、仕事の完成(結果)に対してお金が払われる契約のことです。

一般的に業務請負ともいわれています。

 

たとえば、WEBサイトのリニューアルを請負契約した場合。

リニューアルが完成しても、レイアウトに問題があった場合に直して再び納品する必要があります。

依頼した企業が完成した納品物を確認できた時点で契約が終了します。

 

請負契約は、契約で決めた完成度まで商品をつくる必要がある場合に結ぶことになります。

準委任契約は業務を進める行為に対しての報酬

準委任契約とは、業務を進める行為に対してお金が払われることです。

一般的に業務委託といわれています。

 

たとえば、イベントの受付業務を準委任契約した場合。

イベントが終了した時点で契約が終了します。

 

準委任契約は、明確な成果や納品が必要ない場合に結ぶことになります。

 

つまり、

業務委託のまとめ
  • 請負契約:結果に対してのお金
  • 準委任契約:行為に対してのお金

が払われることになります。

派遣社員と業務委託契約の違いは雇用契約

派遣社員と業務委託の違いは、雇用の契約を結んでいる会社です。

さらに、派遣社員は会社に雇用される形態の1つで、業務委託契約は仕事の依頼をする方法の1つとなります。

 

派遣社員の場合、派遣会社と雇用の契約を結んで働きます。

派遣会社との雇用の条件により、受ける待遇が変わる可能性があります。

業務の内容は派遣先の会社と派遣会社が決めて、業務の指示は派遣先の会社から出ます。

 

業務委託の場合、在籍する会社と雇用の契約を結んで働きます。

在籍する会社との雇用の条件なので、業務委託を受けても待遇は変わりません。

業務の内容は作業を依頼した会社が決め、委託を受けた会社の判断で仕事をします。

 

では、それぞれの福利厚生はどうなっているのでしょうか?

派遣社員と業務委託契約の福利厚生の違い

派遣社員と業務委託契約の福利厚生の違いは、そこまで大きくは変わりません

 

福利厚生に違いが出るのは、在籍する会社に雇用されている形態が変わる場合です。

 

派遣社員の福利厚生は、登録型派遣の場合はありません。

常用型派遣は、派遣会社に正社員として雇用されているので

  • 社会保険
  • 交通費
  • ボーナス
  • 退職金

があります。

 

業務委託契約の福利厚生は、在籍する会社で正社員として雇用されているのであれば

  • 社会保険
  • 交通費
  • ボーナス
  • 退職金

があります。

さらに在籍する会社の待遇を受けることができます。

 

とはいえ、在籍する会社との雇用の形態によって変わるので注意しましょう。

派遣社員と業務委託のメリットの違い

派遣社員は雇用の形態の1つですが、業務委託は仕事を依頼する方法の1つです。

土俵が違うのでメリットを比較するのもおかしいですが、一応ご紹介しますね。

派遣社員のメリット

派遣社員のメリットは、登録型派遣と常用型派遣を合わせると

  • 自由度の高いプライベート
  • 派遣会社の担当サポート
  • 業務内容の選択、スキルアップや人間関係が広がる
  • 様々な職種を経験できる
  • 軌道修正しやすい
  • 副業が可能
  • 職種が豊富
  • パート・アルバイトより給与がいい
  • サービス残業がない
  • 仕事に就きやすい

があげられます。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

業務委託契約のメリット

業務委託契約のメリットは、企業と個人事業主を合わせると

  • 専門性を活かせる
  • 仕事を断ることができる
  • 業務の進め方を決められる
  • 高い報酬を得られる
  • 働く場所に制限がない
  • 時間の自由度が高い
  • 対人関係のストレスが少ない

があげられます。

 

では、仕事をする上でどちらの方があなたに向いているのでしょうか?

派遣社員と業務委託契約のどちらが向いてる?

派遣社員と業務委託契約の向き不向きは、あなたが持っているスキルによって変わってきます。

そこで、あなたの持っているスキルによって派遣社員が向いているのか、それとも業務委託契約が向いているのか比べてみましょう。

派遣社員が向いているのは時間を確保しながらスキルアップを目指す人

派遣社員が向いているのは、自分の時間を確保しながらスキルアップを目指したい人です。

 

登録型の派遣であれば、働く時間や出勤日を希望する条件を伝えると派遣会社が探してくれます。

常用型の派遣であれば、期間を設けずに働けて正社員と似た待遇を受けることができます。

 

派遣社員は、一定量のお金とスキルアップや休暇の時間がほしい人は向いています。

業務委託契約が向いている人は高いスキルを活かしたい人

業務委託契約は、専門性の高いスキルを活かしたい人に向いています。

 

業務委託契約を依頼する場合、自社でできない仕事を任せることがほとんどです。

企業ができない業務となると、レベルが高い仕事内容のことが多いです。

 

依頼されたら業務が完了するまで仕事を続けなければいけません。

途中で中断して「できませんでした」が通用しないので、自分のスキルで対応する必要があります。

 

業務委託契約は、自分のスキルを活かして仕事をしたい人に向いています。

派遣社員と業務委託契約は「雇用形態」と「仕事依頼方法」

この記事では、派遣社員と業務委託契約について説明してきました。ざっとおさらいすると

派遣社員と業務委託契約の違いは雇用の形態です。

 

派遣社員は雇用される形態の1つで、派遣会社と雇用の契約をします。

業務委託契約は仕事の依頼方法の1つで、在籍する会社と雇用の契約をしています。

 

派遣社員が向いているのは、自分の時間を確保しながらスキルアップを目指したい人です。

業務委託契約が向いているのは、専門性の高いスキルを活かしたい人です。

 

派遣社員や業務委託契約は、スキルを付けたり伸ばしたりするのに最適です。

とはいえ、スキルによって向き不向きがあるので、自分のスキルを見直すところから始めていきましょう。