36協定とは?派遣社員の場合は?疑問や注意点をわかりやすく解説

スポンサーリンク



「36協定って聞いたことあるけど、どんな協定なの?」

と疑問をもってはいませんか?

 

36協定はなんとなく難しそうな印象を持ちますが、あなたの時間外労働(残業)に深く関わりのある法律です。

36協定を理解することで、労働時間によっては健康面にも影響が出てきます。

 

そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • 36協定とは?
  • 派遣社員が36協定を結ぶべき相手
  • 時間外労働を多くする方法

について説明します。

 

まずは36協定について理解を深めましょう。

36協定は労働組合と使用者が時間外労働について結ぶ協定

36協定は、労働組合と労働者が労働時間について結ぶ協定のことです。「労働基準法第36条」で定められていることから、36協定といわれています。

 

36協定を結ぶ理由は、

  • 法定労働時間(1日8時間・1週40時間)を超えて働く
  • 休日での労働をさせる

場合に、あらかじめ労働組合と使用者で書面による協定を結ばければならないからです。36協定を結ぶことで、上記の2つの労働が認められます。

 

とはいえ、36協定で定められている時間外労働の時間は、会社によって違うので注意しましょう。

 

では、派遣社員の場合、派遣会社と派遣先のどちらの36協定が適用されるのでしょうか?

派遣社員の36協定は派遣元が適用される

派遣社員の36協定は、派遣元の36協定が適用されます。

そのため派遣先は派遣社員に対して36協定で結んだ労働時間を超えて働かせることができません。

 

たとえば、派遣元の36協定が

派遣元の36協定:時間外労働は、1ヶ月間で35時間まで

と定めていた場合、派遣先の36協定が

派遣先の36協定:時間外労働は、1ヶ月間で40時間まで

と定めていても、派遣社員は35時間以上の時間外労働ができません

 

逆に、派遣元の36協定が

派遣元の36協定:時間外労働は、1ヶ月間で45時間まで

と定めていた場合、派遣先の36協定が

派遣先の36協定:時間外労働は、1ヶ月間で30時間まで

と定めていたら、派遣社員は45時間まで時間外労働ができます

 

あなたが36協定で結んだ、時間外労働を確認する場合、派遣元の36協定を確認しましょう。

特別条項で36協定を超える時間外労働をすることも

派遣社員は、特別条項で36協定を超える時間外労働をすることがあります。

 

たとえば、繁忙期があったり緊急の対応をしたりして、どうしても基準を守れないときです。

この場合、特別条項がついた36協定を結ぶことで、定められた時間外労働を超えて働く必要がありますね。

 

特別条項をつけるには、

  1. 36協定の書式に「〇〇の場合には、1ヶ月の時間外労働を60時間までとする」などの文言を加える
  2. 36協定の書式に労働者の代表の同意(署名の押印)を受ける
  3. 労働基準監督署に提出する

必要があります。

 

じぶんだけで判断するのではなく、派遣先との話し合いで決めましょう。

特別条項付き36協定の3つの注意ポイント

特別条項付き36協定を結んだ際に、注意するポイントが3つあります。

注意するポイント
  1. 特別条項で上限の拡大ができるのは年6回まで
  2. 特別条項は「特別の事情」が予想される場合のみ
  3. 特別条項での「過労死ライン」

 

特別条項付き36協定とはいえ、いくらでも時間外労働の上限を拡大できる訳ではありません。

それぞれ詳しく説明します。

特別条項で上限の拡大ができるのは年6回まで

特別条項で時間外労働の上限を拡大できるのは「年6回」までと決まっています。

特別条項は、あくまでも繁忙期や緊急時などの特別な条件であることが前提です。

 

年間の半分を超えてしまうと例外ではなくなってしまうので、法律で上限を拡大するのは年に6回までとなりました。

特別条項は「特別の事情」が予想される場合のみ

特別条項を使えるのは、「特別の事情」が予想される場合だけです。

  • 何となく忙しくなりそう
  • 取りあえず残業枠は大きいほうが安心
  • いっぱい稼ぎたい

などの場合は、特別条項を付けることができません。

 

特別条項を付けるには

  • 繁忙期のため
  • 本決算を締めるため
  • 大規模のクレーム対応のため

のような具体的な理由が必要になります。

特別条項での「過労死ライン」

特別条項で時間外労働の上限を延長する際は、過労死ラインを考えなければいけません。

 

現状では、特別条項で拡大する時間の上限を設けていません。

とはいえ、会社には安全を配慮する義務があり、

  • 1ヵ月で100時間を超えた時間外労働をしてはいけない
  • 2ヶ月連続で超える場合は80時間(2ヶ月で160時間)

という「過労死ライン」を設けています。

 

会社では、過重労働をさせて健康を害させてはならないという決まりがあります。

過労死ラインを超えないよう調整しましょう。

36協定で結んだ時間外労働を守って健康的に働こう

今回は36協定について説明してきました。ざっとおさらいすると

36協定は、労働組合と労働者が労働時間について結ぶ協定のことです。

 

労働者は、

  • 法定労働時間(1日8時間・1週40時間)を超えて働く
  • 休日での労働をさせる

を可能にするために36協定を結びます。

 

特別条項をつけることで、36協定で結んだ時間外労働を超えることもできます。

 

派遣社員とはいえ、働く時間が長くなれば身体に負担がかかります。

まずは36で結んでいる時間外労働の確認から始めてみましょう。