派遣社員は何歳までが適正?注意したい年齢と採用されやすい年齢

スポンサーリンク



「派遣社員は何歳くらいまで働けるの?」

と不安に思う人も多いではないでしょうか?

 

そんな時

  • 派遣社員で採用されやすい年齢は?
  • 派遣先が求めているものって何?
  • このまま派遣社員なのは少し不安

と考えてしまうのも事実ですよね。

 

そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • 派遣社員が採用されやすい年齢
  • 派遣社員に求められるもの
  • 派遣の契約期限を無くす方法

についてご紹介していきます。

 

派遣社員の年齢について不安のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

派遣社員がもっとも採用されやすいのは25~35歳

派遣社員がもっとも採用されやすい年齢は25~35歳です。

 

派遣社員を雇う場合、契約している期間が終わったあとに正社員での採用を考えている企業が多いです。

25~35歳の派遣社員は、成長するポテンシャルが高く派遣先での指示をうけやすくなります。

既に新人研修や業務経験があるので教育コストがかかりません。

 

25歳~35歳の派遣社員を採用することは、派遣先にとってのメリットがたくさんあります。

そのため派遣先は、25歳~35歳の派遣社員を積極的に受けいれる体制をとっています。

派遣社員は30代後半から徐々に案件が減ることも

派遣社員の案件は、30代後半から徐々に紹介される案件が減る可能性があります。

 

原因は、希望する給料の金額が合わないことがほとんどだから。

 

派遣先は、派遣会社にお金を払って派遣社員を雇っています。

派遣社員を雇う理由は、コストが抑えられるからです。

 

若い人を雇えば、派遣先にお金を払うコストを減らしながら社内で教育していくことで会社にとってプラスになります。

 

30代後半になると、すでにスキルやキャリアを持っている場合がほとんどです。

教育コストはかかりませんが、求められる給料はそれなりに高くなりますよね。

 

30代後半の派遣社員が「これだけの経験とスキルがあるのだから、安定した生活が送れるようにもう少し給料を上げてほしい」と訴えたくなる気持ちもわかります。

 

そうなると、苦労するのは派遣会社です。

派遣先からは決まったお金しかもらえませんし、派遣社員にはそれなりのお金を払わなくてはいけません。

ゆえに、派遣会社の利益が落ちてしまいます。

 

わざわざ利益を落してまで、社員を派遣する必要がありませよね?

でも派遣社員には年齢の制限はない

年齢を重ねるごとに派遣社員は、仕事の案件が少なくなってしまいます。

しかし派遣法では、派遣社員に対する年齢の制限はありません。

 

例えば、

「派遣先が講ずべき措置に関する指針」第2の3(抜粋)

派遣先は、紹介予定派遣の場合を除き、派遣元事業主が当該派遣先の指揮命令の下に就業させようとする労働者について、労働者派遣に先立って面接すること、派遣先に対して当該労働者に係る履歴書を送付させることのほか、若年者に限ることとすること等、派遣労働者を特定することを目的とする行為を行わないこと。

「派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針」第2の11(抜粋)

派遣労働者を特定することを目的とする行為に対する協力の禁止等派遣元事業主は、紹介予定派遣の場合を除き、派遣先による派遣労働者を特定することを目的とする行為に協力してはならないこと。

参考:派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針

 

労働者派遣法第26条第7項

労働者派遣(紹介予定派遣を除く。)の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、当該労働者派遣契約に基づく労働者派遣に係る派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない。

参考:労働者派遣法第26条第7項

 

のようにあらゆる法令によって年齢制限や派遣社員を特定する行為を禁止しています。

 

つまり、年齢によって派遣してもらえないわけではないとゆうことです。

40歳でも50歳でもスキルあれば派遣先で働ける

派遣社員は、40歳でも50歳でもスキルさえあれば希望の派遣先で働けます。

 

中年層は、業務の経験やスキルが豊富に備わっています。

中年層の場合、若年層の人材より優れているポイントが多いので、派遣後に即戦力として欲しがっている企業も多いです。

一般の企業でも「非正規雇用者」の囲い込みが始まっている

近年、一般の企業でも「非正規雇用者」の囲い込もうとした働きがあります。

例えば、非正規従業員に対して

  • 時給を上げる
  • 社員と同等の家族手当を支給する
  • 社員と同等の住宅手当を支給する
  • 正社員に格上げする

といった活動です。

 

また製造業においては、人が足りないのを外国からの労働者でカバーしていることがあります。

外国からの労働者は、日本における金銭面や安全性について強い魅力を感じています。

企業からすればコストを抑えてつつ、しっかりと働いてくれる優秀な社員となります。

 

つまり、どこの企業でも人手が足りないため人材の確保に必死になっている状態だといえます。

年齢による職場の違いは派遣社員の特徴

年齢による職場の違いは、派遣社員がどんな特徴を持っているのです。

 

派遣会社によって求める人材が違います。

派遣先は、派遣社員の

  • 特徴
  • 伸びしろ
  • 即戦力になるか

をみています。

 

派遣社員を選ぶ基準として、

  1. 一緒に仕事がしやすいか
  2. もとめる賃金
  3. 社内の年齢層
  4. 持っているスキル
  5. 仕事の効率

などがあります。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

1.一緒に仕事がしやすいか

派遣先は、一緒に仕事がしやすいかどうかで派遣社員を選ぶことがあります。

 

  • 若年層には、指示を出しやすくなる
  • 中年層には、指示を出しにくくなる

など、派遣社員によっては「自分より年上でも部下」として対応しなければなりません。

 

また若年層の派遣社員が、派遣先の上司より高いスキルを持っていた場合、「指示を出す」ことに気を使ってしまう可能性もあります。

 

一緒に仕事をするうえで、派遣社員との相性を見極めています。

2.もとめる賃金

派遣先は、派遣社員の求める賃金によって派遣社員を選ぶことがあります。

賃金は、経験の少ない若年層の方が安く、キャリアを積んでいる中年層の方が高くなるのは想像つきますよね。

 

派遣社員のスキルを基に、派遣先に払うお金と釣り合う人材かを判断しています。

3.社内の年齢層

派遣先は、社内の年齢層によって派遣社員を選ぶことがあります。

 

例えば、派遣先の企業が30代が中心となっている場合、中年層の人材は選びにくくなります。

 

派遣先側も派遣されてきた社員とはいえ、派遣先の人たちと早めに打ち解けて楽しく仕事をしてほしいと考えています。

そのため、打ち解けやすい同年代の派遣社員を選ぶことが多いです。

4.持っているスキル

派遣先は、持っているスキルに応じて派遣社員を選ぶことがあります。

 

派遣社員の仕事では

  • 専門的な知識が必要な仕事
  • 高度なスキルが必要な仕事
  • 誰でもこなせる仕事

があります。

派遣社員の持っているスキルと比較して、仕事を任せられるかどうかで判断しています。

5.仕事の効率

派遣先は、仕事をすすめる効率を考えて派遣社員を選ぶことがあります。

 

例えば、初めてのこなす業務を若年者は一度で覚えられる野に対し、中年層は覚えるのに時間がかかってしまうこともありますよね。

 

同じ作業を繰り替えす職場であれば、業務の効率によって派遣社員を判断することがあります。

派遣社員として不安なら無期雇用の派遣がおすすめ

決められた期間の仕事では派遣されるか不安な人は、無期雇用の派遣がおすすめです。

 

無期雇用の派遣とは、期間の定めがない契約になった派遣のことです。

無期雇用の派遣のメリットは、派遣会社が雇用を保証してくれることです。

 

登録型の派遣とは違い、派遣先の契約が終了したときに収入やキャリアがなくなってしまう心配がありません。

無期雇用の派遣に年齢の制限はない

無期雇用の派遣には、登録型の派遣と同様に年齢の制限はありません。

登録型の派遣で働く場所が決まらないのであれば、ストレートに派遣会社との契約を結ぶことを優先しましょう。

 

最低限の収入を確保して、余裕を持ちながら派遣先を探した方が損せず効率よく働く場所がみつかります

 

こちらの記事では、無期雇用の派遣について詳しく説明していますので参考にしてみてください。

合わせて読みたい
リンク追加予定

派遣先が見つからないなら派遣会社を選び直そう

この記事では、派遣社員の年齢について紹介していきました。ざっくりまとめると

派遣されやすい年齢は、25歳~35歳です。

30代後半になると、紹介される案件が少なくなる可能性があります。

 

派遣社員に求められるものは

  1. 一緒に仕事がしやすいか
  2. もとめる賃金
  3. 社内の年齢層
  4. 持っているスキル
  5. 仕事の効率

の5つになります。

 

もし今の派遣会社で希望の職場が見つからない場合は、別の派遣会社や検索サイトを利用してみましょう。

こちらの記事では、おすすめの派遣検索サイトを紹介していますので参考にしてみてください。