派遣社員の抵触日って?派遣社員が知っておくべき重要ポイントとは?

スポンサーリンク



「派遣の契約が切れたらどうするんだろう?」

と不安をいだいていませんか?

 

派遣社員は、決められた期間を決められた職場で働いていますよね。

  • このままずっとここで働けるのかな?
  • もし契約が切られたらどうしよう

なんて不安も出てきますよね。

 

派遣社員には、抵触日というものが定められています。

抵触日は派遣の契約がはじまる日と、とても関係が深いものです。

 

そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • 派遣社員の抵触日とは
  • 抵触日の設けられ方
  • 抵触日までに注意しておくべきこと

について説明していきます。

 

抵触日について疑問をいだいている方は、ぜひ参考にしてみてください。

派遣社員の抵触日は契約期限が切れた次の日

派遣社員の抵触日は、派遣を契約している期間が切れてしまった次の日のことです。

 

派遣社員が働くことができる期間は、労働者派遣法で最長でも3年間と決められています。

そのため抵触日は、派遣社員と派遣先にとって大切な日になります。

 

派遣社員は、契約の変更をしないと抵触日を超えて働くことができません。

抵触日がある理由は正社員での雇用をしやすくするため

抵触日ができた理由は、派遣社員を正社員として雇用しやすくするためです。

 

もともと派遣社員は、突発的に人手が足りなくなった際の穴を埋めるために配属されます。

最長でも3年間しか同じ派遣先で働くことができません。

 

とはいえ、3年間も人が足りない状態が続くということは、今後も人は足りないまま。

派遣社員は、期間が終わってしまうとともに定職を失ってしまいます。

 

そこで国は、「派遣社員としてでなく、正社員として雇う必要があるのでは?」と考えてさせるために抵触日を作りました。

抵触日という区切りを作ることで、正社員として雇う働きをうながしています。

 

そうすることで、派遣先の人手が足りない状態と派遣社員の定職がなくなることを防ぐことができます。

派遣社員の抵触日は個人もしくは事業ごとで計算される

派遣社員の抵触日には、

  • 個人単位
  • 派遣会社単位

のどちらかで与えられます。

この2つの違いは、派遣会社や派遣される形態によって適用される抵触日の計算方法です。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

個人単位で抵触日を設けている場合

個人単位で抵触日を設けている場合、派遣社員1人に対して抵触日が与えられます。

派遣社員1人1人に与えられるので、同じ派遣先でもクーリング期間を設けることでさらに3年の抵触日が与えられます。

後述しますが、クーリング期間とは3ヵ月の期間を空けるとその会社で働いていた実績を無かったことできる制度です。

 

クーリング期間を空ければ何度でも同じ派遣先で働くことができます。

 

また同じ派遣先であっても、派遣されている「課」や「部」を異動することで、クーリング期間を空けずに同じ会社で働くことができます

とはいえ、あまり好まれない方法とされており、同じ場所で正社員として雇われることがほとんどです。

派遣会社単位で抵触日を設けている場合

派遣先の事業所単位で抵触日を設けている場合、派遣社員が働いた期間ではなく事業所に対して抵触日が与えられます。

事業所がクーリング期間を空けなければ同じ派遣先で働くことができません。

 

さらに同じ派遣会社から同じ派遣先で一緒に働いている人すべてが対象になるので、部署を移動して抵触日を変更することも不可能です。

 

例えば、

  • 2017年4月1日に派遣された社員(A)
  • 2018年9月1日に派遣された社員(B)

がいる場合、抵触日は2人とも2020年4月2日になります。

社員(B)が1年6ヶ月後に派遣されましたが、派遣先の事業所単位になるので社員(A)の抵触日が採用されるというわけです。

抵触日は契約の終了or延長か直接雇用のどれか

抵触日は必ず

  • 契約を終了する
  • クーリング期間をあけて延長
  • 正社員として雇用される

のどれかを契約となります。

 

個人単位で抵触日が与えられている場合、

  • 契約を終了する
  • 個人でのクーリング期間をあける
  • 「課」や「部」を移動する
  • 正社員として雇用

のどれかになります。

 

事業所単位で抵触日が与えられている場合、

  • 契約を終了する
  • 事業所のクーリング期間をあける
  • 正社員として雇用

のどれかになります。

 

とはいえ、事業所単位で抵触日が与えられている際に契約の延長を希望する場合は、派遣先の1/2以上の労働組合から意見を聞く手間がかかります。

 

手間といっても、派遣会社と派遣先でやり取りをしてくれるので、実際に何かしなければいけないということもないので安心してください。

派遣社員の抵触日をリセットするクーリング期間

派遣社員の抵触日をリセットするには、クーリング期間が必要になります。

クーリング期間は、3ヵ月の期間を空けるとその会社で働いていた実績を無かったことできる制度です。

 

どうしても同じ会社で働き続けたい場合は、クーリング期間を空けることで再び派遣することができます。

 

クーリング期間は給料が支給されないため、お金に余裕がないのであれば他の就業先を探すことをおすすめします。

派遣社員のクーリング期間は有給がリセットされる

クーリング期間は、派遣先で与えられた有給休暇がすべてリセットされてしまう可能性があります。

 

3年間で数日しか有給を使っていないのであれば、20日ほど残っているケースが多いですよね。

 

とはいえ、派遣されずに待機している期間は強制的に有給を使うことになります。

そのため、3ヵ月のクーリング期間ですべて消化されてしまいます。

 

せっかくためた有給ですが、自分の意思では使えないので注意してください。

派遣社員なのに抵触日がないケースもある

派遣社員ではあるものの抵触日がないケースもあります。

その対象となるのが、派遣される期間の制限を受けない人です。

 

派遣される期間の制限を受けないのは、

  • 派遣会社に無期雇用されている
  • 60歳以上
  • 終わりが明確な有期プロジェクト
  • 日数で限定された業務
  • 休業(産前産後・育児・介護)を取得する労働者の業務

です。

派遣社員の抵触日を理解して損のない仕事を

この記事では、派遣社員の抵触日について説明してきました。ざっくりまとめると

派遣社員の抵触日は、派遣の契約が切れてしまった次の日のことです。

 

抵触日は、個人に与えられる場合と派遣会社ごとに与えられる場合があります。

 

抵触日には、

  • 契約の終了
  • クーリング期間を空けて継続
  • 正社員として継続

のどれかの契約をします。

クーリング期間には有給がなくなってしまう可能性があるので注意が必要になります。

 

これらの情報を参考に、損しない派遣社員の生活を送りましょう。