派遣社員の短期と長期の違いは?期間とメリットをわかりやすく解説

スポンサーリンク



「派遣社員はどのくらい働いたら長期派遣になるの?短期と長期はどっちの方がいいの?」

と疑問を抱いているあなた。

短期派遣と長期派遣は、期間だけでなく仕事の内容も違い、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

そこで記事では、

この記事でわかること
  • 短期派遣と長期派遣の違い
  • 短期派遣と長期派遣のメリット・デメリット
  • 短期派遣と長期派遣の業務の内容

について説明します。

これから派遣の業務に就くことを考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

短期派遣と長期派遣の期間の違い

一般的に短期派遣と長期派遣の期間の違いは

  • 短期派遣の期間:1日~2ヶ月
  • 長期派遣の期間:2ヶ月以上、6ヶ月以上

とされています。

 

短期の派遣は、1日だけの単発や1ヶ月働く仕事など、期間を限定をされたものがほとんどです。

一方、長期の派遣は2ヶ月以上働くものが多く、期間を限定されていません

まずは短期の派遣と長期の派遣の違いから説明します。

短期派遣は契約の更新をしないで複数の職種を経験できる

短期の派遣では、労働者との雇用の契約を更新しないことを前提としているので、複数の職種を経験できます。

 

短期間の募集は、一時的に人員が足りなくなってしまったため募集をしています。そのため、契約を継続する必要性がとても低いです。

短期間で募集している案件は、期間を決められているので今後のプランを立てやすいだけでなく、人を集めやすいです。

また、高時給の案件が多いこともあり人気があります。

 

短期の派遣は、選考が長期よりも倍率が低いことがあり、すぐにでも働きたい方にはおすすめです。

派遣社員の場合、長期間で働いていた実績よりも短期間で複数の仕事を経験していたほうが評価されることがあります。

長期の派遣とは契約を継続してスキルアップを目指す

長期の派遣は、契約を継続することを前提にスキルアップを目指しながら働きます。

 

長期間の募集は、すでに人員が足りず継続的に働いてもらうための募集です。そのため、契約を継続することがほとんどです。

長期間で募集している案件は、最終的には正社員としての契約を目指しているので、安定した生活を送りたい方に人気があります。

短期派遣のメリット・デメリット

短期派遣のメリットは

  • 好きな時に働ける
  • 期間終了後のプランが立てやすい
  • 単純な作業が多い

になります。

 

一方、デメリットは

  • 次の派遣先を見つかるまで生活が安定しない
  • スキルによっては苦労する

です。

それぞれ詳しく説明します。

短期派遣のメリット:好きな時に働ける

短期の派遣では、働く期間が決められているので好きな時に働けます。

たとえば、自分の持っているスキルに合わせて挑戦してみたい業務に応募してお試し感覚で働くことが可能です。

先の予定がすでに決まっている場合でも、空いた時間で働くことができるので時間を有効的に活用できます。

短期派遣のメリット:期間終了後のプランが立てやすい

短期の派遣は、契約の期間が決まっているのでその後のプランが立てやすいです。

たとえば、2か月後に海外へ行く予定を立てておき、そのための資金を集めながら働くことができます。

短期の派遣はプランが立てやすいので、プライベートの時間を確保しながら仕事をすることが可能です。

短期派遣のメリット:単純な作業が多い

短期の派遣では、単純な業務が多いので特定のスキルを必要としません。

専門的な知識がなくても決められた仕事をこなすだけなので、いろいろな派遣先で働くことができます。

もし働きやすい企業があれば、打診して継続的に雇用してもらうよう相談してみましょう。

短期派遣のデメリット:次の派遣先を見つかるまで生活が安定しない

短期の派遣は、勤務できる期間が決められているため、次の派遣先を見つかるまで生活が安定しません。

次の派遣先が決まらない場合、収入がなくなってしまいます。

チャレンジしたい業務があるとはいえ、最低限の生活費を確保して万が一に備えておく必要があります。

短期派遣のデメリット:スキルによっては苦労する

短期間の派遣で単純な作業とはいえ、求められるスキルによっては苦労することがあります。

業務が始まる前にどんな仕事内容なのか説明があるので、できるか不安になってしまった場合は断る勇気も必要です。

長期派遣のメリット・デメリット

長期派遣のメリットは

  • 安定した収入が見込める
  • スキルが身につく
  • 派遣先と直接の雇用が結べる可能性がある

ことです。

 

一方、長期派遣のデメリットは

  • 契約が更新されるかわからない
  • 辞めにくい

があげられます。

それぞれ詳しく説明します。

長期派遣のメリット:安定した収入が見込める

長期の派遣は、少なくとも2ヶ月以上は働くため安定した収入が見込めます。

フルタイムでの勤務がほとんどで、時給が高い仕事が多いです。

派遣先によっては残業が可能な場合があるので、収入アップに繋がります。

長期派遣のメリット:スキルが身につく

長期の派遣は、スキルを身につけることができます。

2ヶ月以上の契約なので、じっくりと時間をかけて仕事を覚えつつスキルを身につけることが可能です。

そこで覚えたスキルを活かせる職場を見つければ、すぐに次の職場を見つけることができます。

長期派遣のメリット:派遣先と直接の雇用が結べる可能性がある

長期の派遣は、派遣先と直接の雇用が結べる可能性があります。

派遣先の上司や同僚とコミュニケーションをとること増えてくれば、頼りにしてもらえる環境がだんだんと作れますよね。

信頼し合える関係を作りつつ仕事で結果を出せば、派遣先との直接雇用につながります。

長期派遣のデメリット:契約が更新されるかわからない

長期の派遣とはいえ、契約を更新できる保証がありません。

数年間働き続けたとはいえ派遣先の状況によっては、契約が更新されない可能性があります。

長期派遣のデメリット:辞めにくい

長期の派遣は短期とは異なり、最低でも2ヶ月以上は派遣先で仕事をするので辞めにくい環境です。

社内の雰囲気になじめなかったり思っていた業種とは違ったりということもあるでしょう。

正当な理由さえあれば辞めることはできますが、基本的には決められた期間は働く必要があります。

短期派遣と長期派遣の業務内容の違い

短期の派遣と長期の派遣では、業務の内容が異なります。

短期の場合、

  • 書類の作成・各種の入力などの単純作業
  • コールセンターでの事務などの繁忙期のサポート
  • リゾバや資格試験の試験監督などの時期需要がある仕事

などの特殊なスキルを必要としない業務が多いです。

 

長期の場合、派遣先の企業の社員と同様に仕事をすることになります。

  • 製造業のライン作業
  • 特殊なスキルが必要

なものが多いです。

専門的な知識や免許、スキルが必要となる業務が多いです。

 

短期の派遣か長期の派遣が悩む方もいらっしゃると思いますが、働く期間ではなく業務の内容で仕事を選ぶことをおすすめします。

短期と長期では選ぶのではなく何がしたいかで派遣先を決めよう

この記事では短期の派遣と長期の派遣について説明しました。ざっとおさらいすると、

一般的に短期派遣と長期派遣の期間の違いは

  • 短期派遣の期間:1日~2ヶ月
  • 長期派遣の期間:2ヶ月以上、6ヶ月以上

とされています。

短期の派遣では、労働者との雇用の契約を更新しないことを前提としているので、複数の職種を経験できます。

長期の派遣は、契約を継続することを前提にスキルアップを目指しながら働きます。

 

派遣の場合、職種が選べることは大きいメリットとなります。

まずはやってみたい仕事をみつけることから始めてみましょう。