登録型派遣と常用型派遣の違い|違いやメリットをわかりやすく解説

スポンサーリンク



「派遣で働いてみたいけど、他の雇用方法となにが違うの?」

と悩んでいませんか?

 

派遣社員は、とてもメリットが多い働き方です。

 

実は派遣社員には、「登録型の派遣」と「常用型の派遣」の2種類があるのをご存知でしょうか?

 

結論からいうと、登録型派遣と常用型派遣の違いは、

  • 希望の条件で派遣される登録型派遣
  • 正社員として派遣される常用型派遣

です。

 

そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • 登録型派遣と常用型派遣とは
  • 登録型派遣と常用型派遣のメリットとデメリット
  • 登録型派遣と常用型派遣の違い

についてわかりやすく解説します。

 

これから派遣として働こうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、登録型派遣と常用型派遣について説明します。

登録型派遣は就業期間中のみ雇用関係が発生する

登録型の派遣は、派遣先で働いている期間だけ派遣会社と雇用している関係になります。

 

「派遣」と聞いてイメージされるのは、ほとんどの場合が登録型の派遣です。

登録型の派遣は、働く派遣会社に登録することで派遣先が決まります。

派遣会社に登録してから派遣先の候補をいくつか提案され、その中からやりたい仕事を選ぶことが可能です。

 

派遣先を選んだ後は、派遣会社を通して派遣先の企業と契約を結ぶことになります。

派遣社員としての期間は、その時に結んだ期間だけなので契約が終わったら派遣会社の雇用も終了です。

その後、同じ派遣会社から派遣される際は、あらためて雇用の契約を結ぶことになります。

 

登録型の派遣の給料は、時給×働いた時間で計算されます。

  • 手当
  • 賞与
  • 退職金

などはもらえないので注意が必要です。

登録型の派遣は、一般労働者派遣ともいわれています。

登録型派遣の3つのメリット

登録型の派遣には

  • 勤務先や働く時間を自分で決められる
  • 残業の有無を選べる
  • 契約の期間内は転勤がない

といった3つのメリットがあります。

それぞれ詳しく説明していきます。

勤務先や働く時間を自分で決められる

登録型の派遣の場合、勤務先や働く時間を自分で決めることができます。

 

派遣先によって勤務地や働く時間は違います。

派遣会社に登録する際に、望む条件を伝えることで希望した環境で働くことができます。

残業の有無を選べる

登録型の派遣の場合、派遣先で残業するかしないかを選ぶことができます。

 

プライベートの時間を確保しやすいので、休暇や旅行など自由に使うことが可能です。

ストレスをためずに満足度の高い生活ができます。

契約の期間内は転勤がない

登録型の派遣の場合、契約している期間内に別の勤務地にいくことはありません。

 

派遣会社と派遣先との契約となっているので、他の部署や支店に移動する心配が不要です。

契約の期間が終われば、違う勤務地を選ぶことができます。

登録型派遣の3つのデメリット

登録型の派遣には

  • ボーナスがない
  • 交通費が時給に含まれていることがある
  • 契約により働ける期間が決められている

といった3つのデメリットがあります。

それぞれ詳しく説明します。

ボーナスがない

登録型の派遣の場合、働いている期間のみの雇用なのでボーナスがもらえません。

 

もともとボーナスを払わなければいけない法律はありません。

派遣会社は、雇用の期間が決まっていない社員に対してボーナスを出すことはほぼないといえます。

交通費が時給に含まれていることがある

登録型の派遣の場合、交通費をもらえる可能性が低いです。

 

交通費は、時給に含まれていることが多く、別途でもらえるケースは少ないです。

勤務地と交通費を計算して派遣先を選ぶ必要があります。

契約により働ける期間が決められている

登録型の派遣の場合、雇用される期間に制限があります。

 

契約している期間しか働けないので、給料が不安定になってしまいます。

次の派遣先を探す時間もあるため、お金に余裕がないと生活が苦しくなる可能性があるので注意が必要です。

常用型派遣は派遣会社の社員として働く

常用型の派遣は、派遣会社の社員として派遣先で働きます。無期雇用とも呼ばれています。

登録型の派遣とは違い、派遣会社から派遣先を伝えられたら、そこで仕事をしなければいけません。

 

とはいえ、派遣先の企業との契約した期間が終わっても、派遣会社との雇用の関係は退職するまで無期限に続きます。

派遣先の契約が終わっても、派遣会社が新たな派遣先を見つけてくれるので安心です。

 

常用型の派遣の給与は、派遣先から月給で支払われることが多く、

  • 手当
  • 賞与
  • 退職金

がもらえます。

新たな派遣先が見つからない間でも、派遣会社から給料がもらえるので生活に困ることはありません。

常用型派遣は、特定労働者派遣ともいわれています。

常用型派遣の3つのメリット

常用型の派遣には、

  • 派遣先が決まらなくても給料がもらえる
  • 派遣先との契約が終わっても派遣会社と雇用が続く
  • 正社員としての待遇される

といった3つのメリットがあります。

それぞれ詳しく説明します。

派遣先が決まらなくても給料がもらえる

常用型の派遣の場合、派遣先が決まらない期間でも給料がもらえます。

 

たとえば、派遣先との契約期間が終わってしまい、次の派遣先が1ヵ月見つからない場合でも1ヵ月分の給料がもらえます。

派遣会社によってもらえる給料の金額に変化はありますが、仕事がなくなって待機している間でもお金が入るので安心です。

派遣先との契約が終わっても派遣会社と雇用が続く

常用型の派遣の場合、派遣先との契約が終わっても派遣会社と雇用が続きます。

 

常用型の派遣では、派遣会社と無期限の雇用の計画を結んでいます。

社会保険も適用されるので、安定感のある生活を送ることが可能です。

正社員としての待遇される

常用型の派遣の場合、正社員としての待遇を受けることが可能です。

 

たとえば、

  • ボーナス
  • 昇給
  • 交通費の支給

などの待遇が受けられます。

 

派遣会社との雇用に期限がないので、長く働くことができます。

常用型派遣の2つのデメリット

常用型の派遣には

  • 採用のハードルが高い
  • 生活が安定する代わりに自由度が下がる

といった2つのデメリットがあります。

それぞれ詳しく説明します。

採用のハードルが高い

常用型の派遣の場合、面接や書類の審査で採用されるかが決まります。

 

派遣会社の社員として働くことになるため、学歴や職歴、スキルなどを審査されます。

派遣会社によっては、専門知識を求められる場合があるので面接や筆記試験などの対策が必要です。

生活が安定する代わりに自由度が下がる

常用型の派遣の場合、生活は安定しますが自由度が下がることがあります。

 

たとえば、やりたい業種が決まっていても派遣会社に命じられた派遣先で働かなければなりません。

また勤務地や勤務する時間の指定もできないので、引っ越しして決められた時間を働く必要があります。

 

長期休暇も取りにくくなってしまい、自由に使える時間が減ってしまいます。

登録型派遣と常用型派遣の2つの違い

登録型派遣と常用型派遣の違いは、

  • 希望の条件で派遣される登録型派遣
  • 正社員として派遣される常用型派遣

となります。

 

登録型の派遣は、派遣会社に登録して希望の条件に合った派遣先を探してくれます。

いくつか提示された中から派遣先を選ぶことができるので、生活の自由度を上がるできます。

 

常用型の派遣は、正社員として派遣されるので派遣会社との雇用が無期限に続きます。

正社員と同じくらいの待遇を受けることができます。

 

つまり、登録型派遣と常用型派遣の違いから

どっちに向いてる?
  • 登録型派遣に向いているのは、希望の条件で働きたい方
  • 常用型派遣に向いているのは、給料に待遇を付けたい方

といえます。

登録型派遣と常用型派遣の違いを理解して向いている方を選ぼう

この記事では、登録型派遣と常用型派遣について説明しました。ざっとおさらいすると

登録型派遣は、派遣先で働いている期間だけ派遣会社と雇用している関係になります。

常用型派遣は、派遣会社の社員として働きます。

 

登録型派遣のメリットが、

  • 勤務先や働く時間を自分で決められる
  • 残業の有無を選べる
  • 契約の期間内は転勤がない

の3つです。

常用型派遣のメリットが、

  • 派遣先が決まらなくても給料がもらえる
  • 派遣先との契約が終わっても派遣会社と雇用が続く
  • 正社員としての待遇される

の3つになります。

 

登録型派遣と常用型派遣の違いは、

  • 希望の条件で派遣される登録型派遣
  • 正社員として派遣される常用型派遣

となるため、

  • 登録型派遣に向いているのは、希望の条件で働きたい方
  • 常用型派遣に向いているのは、給料に待遇を付けたい方

になります。

派遣社員には2種類あるので、あなたに合った方を選んでください。

派遣社員になる場合、まずは派遣会社になにを求めるかを探すところから始めてみましょう。

 

こちらの記事では、登録型の派遣を探すサイトを紹介しているので参考にしてみてください。