20代で派遣社員を経験するメリット10個を超まとめた

スポンサーリンク



どうも、5年間派遣会社で正社員として働いていたおしゅん(@syuuuretter)です。僕が感じた派遣社員の総合的メリットはこちら。

派遣社員の総合的メリットのまとめ
プライベート
 → 自分の時間が好きなように作れ、副業も可能
仕事
 → 仕事が選べて、キャリアアップやキャリアチェンジもできる
お金
 → 頑張った分だけ給料がもらえ、サービス残業が無い
精神面
 → 派遣会社のサポートもあり、正社員での採用より仕事につきやすい

正社員として働くのか、それとも派遣社員として働くのか。安定して稼げるから正社員と答える人のほうが多いだろう。

僕はその両方を一気に経験したけど正直、派遣社員の方がメリットが多いと実感した。逆に正社員として働けば安泰と思い込んでいる方が危険だと言える。

正社員という立場は、仕事をやってもやらなくても給料をもらっている人がいることを知った。「若いから」「配属されたばかりだから」などと年齢・社内環境を言い訳に、仕事を押し付けてきたりされることもある。

無理な残業や無駄な残業もあれば、サービス残業などのブラック企業も存在している中、入社してからしかわからないこともある。自分で上司を選ぶこともできないし、嫌いな上司の顔をうかがって仕事をすることも。

だから向上心を持てず会社員生活を送ってしまうことに。結果、になったり自殺をする人も出てくる。不祥事による社会的ダメージはいつ何が起こるかわからない世の中だ。

あなたの会社が明日潰れるかもしれない。これでも正社員は本当にリスクが無いと思えますか?

選択の自由が多い派遣社員は、誰でもやりたくないようなことは断れるし、自分で仕事を選ぶこともできる。リスクと呼んでいいのか悩ましいが、不安要素として考えられるのは「職場が安定してない」だけ。

 

今回は派遣社員になるメリット10個を詳しくまとめたので参考にしてほしい。

派遣社員のメリット1:自由度の高いプライベート

自分のライフスタイルに合わせた希望条件[職種・仕事内容・勤務地・曜日・時間]で働けるし残業も少ない。自分の時間に余裕を持てるので家族と顔を合わせる時間が出来たり、家庭や育児との両立も可能。

契約外の仕事をすることは基本的になく、状況変化などにも臨機応変に対応しやすい。短期集中型なら特定の分野やスキルを身につけながら働けるのでアルバイトより時給が良いところもポイントが高い。

スキルを磨いて今後に活かしたり、契約満了まで資金を集めて長期旅行へ行くもできるため、正社員とは違った枠にとらわれない充実した自由な生き方ができる。

派遣社員のメリット2:派遣会社の担当サポート

派遣会社員にはそれぞれ担当者が付く。自分だけの力ではなくいろんなサポートをしてくれる。もちろんその担当者とウマが合わない時は変更もできる。

キャリアプランのアドバイス

個人では探すのが難しい会社でも、派遣会社を通すことでめぐり合えるチャンスが生まれる。大手企業で仕事ができる可能性も多い。

大手企業に就業することを目標にしているなら、担当者がキャリアプランを一緒に考えてくれる。

企業とのクッション役

自らトラブルを起こしてしまった場合など、派遣先で直接言いにくいことや困ったこともあるだろう。そんな時も担当者に気軽に相談でき、企業とのクッションになってしっかりサポートをしてもらえるため不安が少ない。

自己スキルの再認識

「どんな職種に向いているか」
「未経験だが憧れていた職種につくための方法」
など、悩みも出てくる。

担当者と話し合うことで、今まで自分では思いつかなかったスキルや可能性、解決策も発見できる

望んだ環境への考慮

勤務地や職場の環境など、こちらの希望条件を派遣会社が調整しスピーディに希望勤務条件に似合った仕事の紹介をしてもらえる。

雑誌を読んだりネットで検索するだけでは、なかなか探し出せない仕事に巡り合えたる。職場と自分の間に入ってもらうことで、業務について深く知りたいことや聞きにくいこと知ることが出来る。

派遣社員のメリット3:業務内容の選択、スキルアップや人間関係が広がる

自分の好きな作業や得意な部分を活かせるだけでなく、それで報酬(給料)がもらえるためやりがいを感じる。さらにスキルアップをしながら仕事の幅を増やし、色々な職場に派遣されることで人間関係も自然と広がっていく。

就職活動してどんな業務内容かわからない正社員になるより、派遣社員からの方が自分のやりたい業務に就きやすい。そのため業務内容が合わずに会社を辞めるというリスクも低い。

派遣社員のメリット4:様々な職種を経験できる

自分がどんな分野の職種が合うのかを模索中でも、様々な種類の仕事にチャレンジすることが可能。正社員では挑戦することもできなかった未経験の分野に携われば、より楽しく仕事が出来る。

正社員では経験できないような業種をこなせば、新たなスキルとして身に付けてることもできる。ステップアップに使ったり転職する場合のアピールにつなげよう。

契約期間決まっていれば辞める時も余計な心配をせず気楽な人間関係が築けるため、付き合いのしがらみに縛られることは少ないといえる。職場での人間関係や付き合いを気にすることもないし、有休も社員に比べて取りやすい。

プライベートと仕事をしっかりわけることでストレスの溜まらない環境を生み出すことができる。

派遣社員のメリット5:軌道修正しやすい

一般企業に勤める場合、得意スキルを持っていたとしても活かせる業務に関われるとは限らない。仕事紹介の際に詳しい業務内容や必要なスキルを伝え、スキルが活かせる場を紹介できるようサポートしてもらえる。

自分の専門的なスキルやキャリアを評価してくれる企業をみつけることで、好きな業務に携わる可能性が高まる。

派遣社員のメリット6:副業が可能

起業や自営を考えているのならスキルアップしながら資金調達が可能。時間をうまく使って習い事や学校に通ってスキルを学べたり伸ばすこともできる。

派遣社員のメリット7:職種が豊富

自分で勤務先を探す手間がなく、豊富な仕事の中から希望条件と経験・スキル・資格をもとに仕事を紹介してもらえる。

仕事の中には、スキルを問わない仕事や未経験からチャレンジできる仕事もたくさんあるため、キャリアチェンジを考えている方にも挑戦しやすい。

派遣社員のメリット8:パート・アルバイトより給与がいい

派遣社員は作業経験による時給換算のところが多い。場所によっては福利厚生があり、新卒でなくても正社員並みに給与が出ることも。

週払いや給与の月2回振り込みもあるため、現金が必要なときには有利

派遣社員のメリット9:サービス残業がない

残業しても必ずお金(残業代)がしっかり発生する。「周りがサービス残業をしているから」という無理な残業をする必要もない。

派遣社員のメリット10:仕事に就きやすい

正社員での入社は制限があり年を重ねるほど厳しくなるが、派遣社員の場合は経験者として重宝してもらえる。

正社員の求人が少なく募集のない企業でも、派遣期間でやってきた職歴とスキルを見てもらえる。

 

自由度の高い派遣社員メリットまとめ

ここまでのメリットをまとめたのがこちら。

派遣社員の総合的メリットのまとめ
プライベート
 → 自分の時間が好きなように作れ、副業も可能
仕事
 → 仕事が選べて、キャリアアップやキャリアチェンジもできる
お金
 → 頑張った分だけ給料がもらえ、サービス残業が無い
精神面
 → 派遣会社のサポートもあり、正社員での採用より仕事につきやすい

人生を楽しむ要素をすべてを網羅できるわけだ。もちろん個人差やスキルの違いもでてくるかもしれない。ただ派遣社員はこんなにメリットが多いということを伝えておきたい。

派遣社員について考え直すいい機会だと思って参考にしてみてほしい。