派遣で交通費がもらえない理由って?交通費ありとなしでお得なのは?

スポンサーリンク



「毎日の通勤で時間とお金がもったいない。

しかも交通費がもらえないなんて……。」

と不満がたまっていませんか?

正社員と変わらずに仕事をしてるんだから、交通費くらい出してほしいですよね。

 

とはいえ、

  • なんで派遣は交通費がもらえないの?
  • 派遣でも交通費がもらえるところってないの?
  • 交通費ってもらった方がお得だよね?

なんて疑問をいだくのも事実です。

 

そこでこの記事では、

この記事でわかること
  • 派遣と交通費の関係性
  • 交通費で損しない方法
  • 交通費ありの企業を探せる派遣サイト

についてご紹介していきます。

 

交通費について疑問をかかえている方は、ぜひ参考にしてみてください。

派遣の交通費が出ない理由には2つある

派遣社員の交通費が出ない理由は

  • 法的に問題ない
  • 時給に含んでいる

の2つあります。

それぞれ詳しく説明していきます。

交通費が出ない理由①法的に問題ないから

交通費は福利厚生(企業の好意)として扱われます。

つまり、交通費を支払うことはあくまでも任意となり法律に定められていないことになります。

 

企業によっては、施設利用割引などの福利厚生があるのをご存知でしょうか?

これは、企業側が好意で用意しているものになります。

 

交通費も同じく福利厚生として扱われるため、企業が支払う義務はありません。

交通費が出ない理由②時給に含んでいるから

派遣の場合、高時給なことがメリットにあげられます。

派遣の時給が高い理由は、時給に交通費が含まれていることがあげられます。

 

派遣会社は、高時給にすることで新たな求人を取りやすくなりますよね。

そうして集めた人材を派遣することで、企業からお金をもらっています。

少しでも多くの方の目にとまるよう努力をしているわけです。

 

もしこれから派遣会社と交渉しようと考えてのであれば、これらの理由を加えて交渉するようにしましょう。

派遣は交通費をもらえないのに正社員がもらえるの理由は?

企業が正社員に交通費を払う理由は、会社に来てもらえなくなってしまうからです。

現在では、ほとんどの企業が正社員に対して交通費を払います。

 

もしあなたが

「正社員なのに交通費すらもらえない!」

なんてことが起きたら転職を考えませんか?

 

正社員なのに交通費を払ってくれない企業にはいきたいとは思いませんよね。

 

そのため、正社員に交通費を払っているというわけです。

派遣でも交通費が出る企業は「冠系」が多い

交通費ありの派遣会社は、「冠系(かんむりけい)」が多いです。

冠系とは、旧財閥や大手企業などのグループ会社に属する企業のことです。

 

例えば、日立グループ内の

  • 日立交通テクノロジー株式会社
  • 日立化成株式会社
  • 株式会社日立ソリューションズ

などのように、社名に「日立」のつく企業を「冠系」と呼びます。

 

とはいえ先程も説明した通り、交通費がでない企業の場合は既に時給に含まれているケースがほとんどです。

交通費を別で用意するかわりに、時給が下がってしまうのは納得がいきますよね。

派遣は交通費ありとなしだとどっちが得なの?

最近は、交通費ありとなしを選べるお仕事が増えてきています。

というのも、

時給は下がってもいいから交通費を払ってしてほしい

と希望される方が増えてきているからです。

 

交通費といっても、距離や移動手段によって金額が変わってきます。

状況によっては、交通費ありでも得することもあれば損することもあります。

 

では、実際に交通費ありとなしはどちらの方がお得なのでしょうか。

交通費をもらうならしっかりと計算しよう

交通費ありの案件を選ぶのであれば、先に1ヵ月分の収支の計算してみましょう。

例えば、

  • 完全に週休2日制の土日休み
  • 月に20日の出勤
  • 1日8時間勤務で残業なし

のごく普通な派遣先で、交通費がない代わりに時給が100円高いとします。

 

すると100(円)× 8(時間)×20(日)=16,000(円)なので、1ヶ月あたり16,000円給料が増えますね。

 

では次に、交通費ありの場合を計算してみます。

 

交通費が1日500円の場合、月10,000円です。

交通費が1日800円の場合、月16,000円です。

 

つまり、時給が100円違った場合、1日の勤務時間が8時間で交通費が800円以上かかるのであれば、交通費をもらった方がお得になります。

 

とはいえ、時給の差が少なかったり勤務時間が短くなったりすると、計算方法が変わってきますので注意してください。

 

また、残業が多いのであれば交通費なしにすることで、高い時給のまま働いた分のお金がもらえるのでお得ですよ。

 

少しでも損を減らすためにできる2つ方法

少しでも損を減らすためにできることは

  1. 非課税の交通費をもらい、所得税を減らす
  2. 確定申告で還付請求する

ことです。

ではそれぞれ詳しく説明します。

1.非課税の交通費をもらい、所得税を減らす

非課税の交通費をもらい、所得税を減らすという方法です。

 

交通費を時給に含んでもらう場合、所得とみなされて課税されてしまいます。

 

逆に、交通費が時給に含まれていない場合は、所得税ではないので課税されません。

ただし、交通費は年間10万円を超えると課税対象となるので注意が必要です。

 

自分の交通費と所得税の課税を考えたとき、収入がどう変化するのかを考える必要がありますね。

2.確定申告で還付請求する

もう1つは、確定申告で還付(お金を戻してもらう)請求をする方法です。

時給に交通費が含まれている場合、確定申告で交通費分を還付請求することができます。

 

請求をするには、派遣会社に「時給に交通費が含まれている」という証明書を発行してもらう必要があります。

 

とはいえ、請求が通らない可能性もありますが、お金が戻ってくる可能性があるので試してみてください。

交通費を支給してくれる派遣会社を探そう

交通費の支給は、派遣会社によって様々です。

交通費がそこまでかからないのであれば、交通費をもらって少しでもお得になった方が嬉しいですよね。

 

そこでおすすめなのが、派遣先を検索するのに「交通費あり」と条件の指定ができるサイトです。

 

派遣サイトにも数多くあって、どれを使えなば良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。

 

こちらの記事では、とくにおすすめの派遣サイトを紹介しています。

これから新しい派遣サイトを利用するのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

交通費の計算をして少しでもお得になるように計算しよう

交通費がもらえる聞くとなんとなくお得感はでますが、実際に計算してみると

「ちょっと損してる……。」

なんてことも考えられます。

 

まずは、

「月にどれくらいの交通費がかかるのか」

「月にもらえる交通費はいくらなのか」

を確認するところから始めましょう。

交通費で損しないように、少しでもお得に使えるような方を選んでみてください。