派遣社員の確定申告は必要?しないとどうなる?何をすればいいの?

スポンサーリンク



「派遣社員だけど確定申告とか関係ないっしょ」

と思っている方は多いのではないでしょうか?

でも派遣社員でも確定申告が必要になる可能性があるのをご存知ですか?

とはいえ、

  • 確定申告ってなに?
  • 自分でやらなきゃいけないの?
  • 何が必要なの?

なんて疑問を持つのも事実ですよね。

結論から言えば、派遣社員でも確定申告が必要な時は主に「副業をしている時」もしくは、「派遣元の企業が年末調整を行ってくれない時」だけです。

 

それではまず、あなたが確定申告が本当に必要なのか確認していきましょう。

そもそも確定申告や年末調整って?違いは?

皆さんも「確定申告」や「年末調整」という言葉をよく耳にしませんか?

聞いたことはあるものの、自分でないかをした経験がない人がほとんどですよね。

というのも、会社員であれば企業側がほとんどの手続きを行ってくれるからです。

 

さて、確定申告と年末調整の違いですが、ざっくり説明すると

確定申告は、「自ら申告・納税する」ことです。

年末調整は、「企業が天引きした額を再計算する」ことです。

ではもう少し詳しく説明していきましょう。

確定申告とは「自ら申告・納税する」

確定申告は、10種類ある所得(給与所得・事業所得・雑所得など)に関する所得税を計算する手続きです。

1月1日~12月31日までの1年間における所得を、翌年の3月15日までに自ら計算して申告・納税します。

会社員の場合、年末調整をしていれば確定申告の必要はありません。

年末調整とは「企業が天引きした額を再計算する」

年末調整は、企業から支給された給料(給与所得)の所得税額を計算する手続きです。

企業側は、毎月給与支払い時におおまかな税額を天引きしています。

1年間の給与が確定するタイミング(年末)で

  • 生命保険料控除
  • 住宅ローン控除
  • 寄付金控除(ふるさと納税など)
  • 雑損控除
  • 特定支出控除

などを入れて再度税額を計算し、追加徴収または還付の調整を行います。

年末調整は1ヶ所のみの給与について、所得税額を再計算する手続きです。

よって1ヶ所でしか給与所得がない場合、年末調整をおこなうだけで所得税額が確定することになり、確定申告が不要となります。

派遣社員の確定申告はほとんどが会社側で行っている

確定申告は、基本的に企業側が手続きをしてくれています。

派遣社員の場合も同様に、派遣会社が年末調整というかたちで手続きを行っていることになっています。

とはいえ、派遣社員だからといって100%確定申告が不要とは言いきれません。

自分で確定申告の手続きしなければいけないケースとは?

自分で確定申告を行わなければいけないケースはいくつかありますが、特に注意が必要なのは

  • 12月の年末調整時に派遣会社との雇用関係がない
  • 派遣会社側が年末調整できない
  • 派遣の仕事以外の副収入が20万円以上
  • 医療費控除や住宅ローンがある

場合です。

この他に株を売った場合や寄附金控除がある場合にも、確定申告をすることで納税しすぎた分の返金ができます。

確定申告で必要な書類は「申告書」

確定申告に必要な書類は「確定申告書B」になります。

申告書はこちらからダウンロードできます。→国税庁ホームページ

提出するのは「確定申告書B」になりますが、集計を出すために

  • 領収書
  • レシート
  • 明細書

も一緒に準備しましょう。

確定申告までの流れとは?

確定申告までの流れは、

  1. 取引や領収書から情報を集める
  2. 申告に必要な書類をチェック
  3. 申告書を作成
  4. 控除の計算
  5. 申告書を提出
  6. 税金を納める

といった流れです。

ざっくりいうならば、翌年の2月中旬~3月中旬までの1ヵ月の間に1年分の所得税を申告するということです。

どこまでが経費になるの?

交通費や企業見学など勤務にかかわることについて発生したお金の場合、それらほとんどが経費として扱える可能性が高いです。

とはいえ、派遣会社により決まりが違うので一概には言えませんが、お金を払った証拠として領収書やレシートはもらっておきましょう。

確定申告を正しく理解して正しい納税を

派遣として確定申告が必要なのは、副業をしている派遣元の企業が年末調整を行ってくれない時だけです。

確定申告の仕組みを理解して、正しい納税を心掛けましょう。