会社を辞めてから1ヵ月が経って感じた変化

スポンサーリンク



どうも、会社を辞めて1ヵ月が経ったおしゅん(@syuuuretter)です。最近、周りから
「仕事辞めたんですよね?どうっすか?」
「え、仕事辞めて何してるの?」
「この先どうするの?」
と言われることが多くなってきた。

僕の結論から言えば「フリーランス最高過ぎるよ、問題点を一つ覗いては。」ってこと。

一度考えてみてほしい。

  • 今の仕事は好きなのか
  • 日々成長できているのか
  • 毎日が楽しいのか

これがはっきりと答えられるなら、こんな記事を読んでる時間が無駄なので、その好きなことに使ってほしい。正直、会社員時代の僕は答えられなかった。むしろ答えられないことにストレスを感じていたんだ。

僕と同じように答えられなかったという人は、今度はこの質問を考えてみてほしい。

  • あと何十年今と同じ毎日を繰り返すのか
  • いつまでその生活を続けるのか
  • 本当は何をやりたいのか

自分の未来を決めるは自分。その自分が未来から目を反らしていては何の変化も成長もできない。あなたもその内の一人ではないだろうか。

この記事は「あと〇年すれば何か変わるだろう」「自分じゃなく他の誰かがどうにかしてくれる」と自分の人生を他人任せにしてしまっている人に読んでほしい。自分で未来を切り開くことが、どんなに楽しいことかをみんなに伝えたい。

会社を辞めて1ヵ月後に感じた変化
・毎日が驚くほど楽しい
・環境を変える大切さを理解
・会社員の安定した給料はやっぱ最強

仕事辞めたの?お前ニートじゃん

地元に戻ってから、こんな言葉をよく言われる。他にも

「なにもしてないの?バイトしろよ」
「ニートとかヤバw」
「人生詰んだな」

中には

「最高じゃん」
「楽しそうでいいね」

なんて言葉をかけてくれる天使もいた。

別に会社がブラックだとかパワハラとか、そんな精神をすり減らすような会社員生活を送ってたわけではない。なんなら残業はしなくてもいいし、上司から命令されることもそんなには無かった。

朝起きて会社に行き、12時までダラダラとデスクワークをこなしたらお昼ご飯を食べ、13時からまたダラダラとデスクワーク。たまに意味のない会議に参加して・・・。

定時で帰ってみたり、周りに合わせてマウスをコロコロしてみたり。もちろん休日出勤は無く、土日は自由に使えるのでストレスは無い。

そんな会社員生活を約5年間続けたわけだ。

はたから見たら、こんな楽なことをして安定に20万程度をもらえるなんて羨ましいなんて思うかもしれない。

でも、僕みたいなアホは違う。

 

この時間こそ「人生の無駄使い!どうせやるならやりたいことに時間を使いたい!」と感じてしまったのだ。

「好きなことを仕事にするなんて夢物語だ」「そんなうまい人生なんてない」こんな考えの人もいるだろうし、実際僕自身も言われてきた言葉だ。

でも会社員生活は、今まで勉強してきた分野でもなく、やりたい仕事でもない。だから結果なんて気にしないし、向上心という言葉すら浮かんでこない。

どれだけ頑張ろうが、達成感なんか感じないし評価なんて全く変わらない。最低限の仕事量だけでこなせれば、文句も言われない。そんなつまらない毎日の繰り返しなわけだ。

だけど会社に入って仕事をしていなくてはいけないという勝手な幻想で、今の現実を無理矢理受け止めていた。

そんな状況を打破すべく、僕は会社員を辞めたのだ。

人生ってこんなに楽しいのか!

先程、以下の質問を考えてみてほしいとお願いしたがどうだったろうか。

  • あと何十年同じ毎日を繰り返すのか
  • いつまでその生活を続けるのか
  • 本当は何をやりたいのか

会社員時代の僕なら答えがでないし、答えが出ないことにストレスも感じていた。だけどフリーランスになってそのストレスを感じることが一切なくなった。それだけで人生が楽しくなったと思えることができたのだ。

人生における優先順位とは?

  • お金
  • 自由
  • 趣味
  • 周りの反応
  • 世間の目
  • 娯楽

まだまだいっぱいあるけど、どれかしらを優先して生きていることに気付いてほしい。そしてそれが自分の望むものなのかも考えてほしい。

よく「人生一度きり♪楽しもう♪」みたいな生活を送っていて、共有しようとする人もいる。そんなのは個人の勝手でやってほしい。正直、自分の人生で何を優先したいかによって進み方なんて変わってくるわけだ。

僕の場合、会社員時代は周りの反応や世間の目を気にして会社に勤め、お金をもらうためだけに生活していた。比較的多いパターンだと思う。

でも今は、自由と娯楽と趣味に注力を注いでいる。今までの優先順位とは全く別物になっていて、自分でも戸惑うくらい1日の終わりが早いのだ。

優先順位だけで人生がガラリと変わってしまう程、人生は単純なものなんだと気が付いた。ただそれなりに問題点は出てくる。

ただ欠点はお金がないってこと

  • 辞める前の貯金
  • 毎月少しでも利益を出すことのできるスキル

この2つは正直、本当に必要になる。僕は土壇場にならないとやらない性格のため「なんとかなる」という安易な考えで辞めてしまった。なんなら「早くフリーになりたい」という気持ちが先行しすぎて冷静な判断ができていなかったとも思っている。

でもそれと引き換えに充実した毎日を送れている。(アウトソーシングの案件だけが異常にぶっ詰まってるけど)

会社を辞めて良い事しかない

それでも会社を辞めてからは、本当に良いことしかないなと思い知った。

辞めて良かったこと
・時間に捕らわれない
・自分の時間が増えた
・その時間を100%自分のために使える
・やりたいことができる
・逆にやらないと何も進まないと気付いた
・望んでいた環境が手に入った
・スケジュールを自分で作れる
・無駄な会議が無い
・両親との時間が増えた
・平日の有益さに気が付いた
・賃貸の不便さに気が付いた
辞めて後悔したこと
・安定した収入がない(税金、将来設計)

会社を辞める時に、社内の人たちから「がんばれ」ってめちゃくちゃいってもらえたことがすごく嬉しかったし、今でも連絡をくれる人もいる。自分の環境が変わるだけで周りは何も変わらないのだ。

別に死ぬわけではないし、諦めたら社畜に戻ればいい(嫌だけど)。今の人生を少しでも楽しいものにしたいなら、環境を変えることが一番なのかもしれない。

会社を辞めて1ヵ月が経つと、いろんな変化に気付ける

会社を辞めて1ヵ月後に感じた変化
・毎日が驚くほど楽しい
・環境を変える大切さを理解
・会社員の安定した給料はやっぱ最強

会社を辞めたことに対して、後悔は全くしていない。ただ今後さらに過酷な生活になるかもしれないという不安があるのは事実だ。たいしたスキルもコネもない自分が、今後どんな風に進んでどんな将来になるのかが全く想像できない。

だがそれが良い。僕の唯一救いのポジティブさから生まれる「やってみろ精神」が奮い立つのだ。極論死ななけりゃ大丈夫ってこと。環境が変われば将来も変えられる、その選択をするのは自分自身だってことだ。さあ、君ならどうする?