ライターを目指すならクラウドソーシングを活用するべき3つの理由

スポンサーリンク



「こんなにいっぱい書いたのに、誰もみてくれないなぁ」

と悩んでいる方。

 

最初の頃は、僕も同じで「ライター続ける意味あるのかな?」と悩んでいました。

きっとここで行き詰まってしまう人が多いのではないでしょうか。

でも、クラウドソーシングを使ったところ、安定して月に10万以上は稼げるようになりました。

 

そこでこの記事では、

  • クラウドソーシングとは?
  • クラウドソーシングを使うメリット
  • おすすめのクラウドソーシングサイト

について説明します。

これからクラウドソーシングを利用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドソーシングとはインターネットを使って仕事依頼をする

クラウドソーシングとは、インターネットを使って不特定多数の人に対し仕事を依頼する方法の1つです。

特に多い仕事は

  • ライティング
  • プログラミング
  • 画像加工・編集
  • 動画作成・編集

などが挙げられます。

 

なかでも、ライティングはパソコンを使って文字を書く仕事の1つで、特殊なソフトを使わずにできるため初心者でも始めやすいのでおすすめです。

まずは、クラウドソーシングでライターをやるメリットから説明します。

クラウドソーシングを使う3つのメリット

クラウドソーシングを使うメリットは

  • 無理にでも書き続けることができる
  • 多くの案件がマニュアルを完備している
  • 情報集め方や時間の使い方を覚える

の3つがあげられます。

それぞれ詳しく説明します。

クラウドソーシングを使うメリット①無理にでも書き続けることができる

クラウドソーシングを使うことで、無理にでも書き続けることができます。

個人のブログの場合、納期がないのでいつ書いても誰も文句はいいません。

クラウドソーシングは仕事の1つなので、一度請け負ったら最後までやり抜く必要があります。

「明日やれば…」「今日はここまで…」なんて考えは通用しません。

 

クラウドソーシングを使うことで、案件ごとの納期を厳密に守り、かつクオリティを確保しながら記事を書く必要があるので責任感を感じることができます。

さらにやればやった分だけ報酬を確実に受け取ることが可能です。

クラウドソーシングを使うメリット②多くの案件がマニュアルを完備している

クラウドソーシングを使うことで、案件ごとにライティングをするためのマニュアルがもらえます。

クラウドソーシングで仕事を依頼しているのは、企業だけでなく個人事業主の方もいます。

ひとりひとり教えるのは時間がかかってしまうため、マニュアルを作ってライターに渡しているケースがほとんどです。

 

クラウドソーシングを使うことで、ライターの経験がない方でも使いやすいマニュアルを無料でもらうことができます。

ライティングで重要なことは、ほとんどのマニュアルに書いてあります。複数の案件を受けて複数のマニュアルを読んでみましょう。

「これってあそこにも書いてあったな」と感じることは、今後記事を書く上で重要なポイントとなってきます。

 

いくつか数をこなしてくると次第に自身の「テンプレート(型)」が完成するので、それを活かして次の案件獲得を目指しましょう。

クラウドソーシングを使うメリット③情報集め方や時間の使い方を覚える

クラウドソーシングを使うことで、情報を集め方や時間の使い方を覚えることができます。

案件には1つの仕事での文字数や単価が決まっているので、時給で換算して作業量を見極めることも重要となります。

 

たとえば、1記事3000文字以上書くと3000円の報酬がもらえる案件の場合。2時間で書き上げれば時給は1500円です。

しかし、情報を集めるのに1時間半、書く時間に1時間半かかってしまっては、時給が1000円になってしまいますよね。

つまり、自分で考えていた時給と記事を作る時間に誤差があると、考えていた報酬額と異なってきます。

 

情報を集めるのに時間を使いすぎてしまうと、今度は書く時間が無くなる可能性があります。

逆に情報が少ないと書ける量が少なくなってしまうので、もう一度調べ直さなければいけません。

クラウドソーシングには案件がたくさんあるので、練習しながらコツをつかむことができます。

ライティングで効率よく記事を書く方法

ライティングで効率よく記事を書くには、時間を意識する必要がありますよね。

先ほど説明した1記事3000文字の案件で3000円の報酬で説明します。

 

時給は1時間1500円とした場合、2時間で書かなければいけません。

時間の使い方は

  • 情報を集める:1時間
  • 実際に書く:45分
  • 見直す:15分

がベストです。

まずはざっくりとした目安を先に決め、記事完了の目標時間を作りましょう。

おすすめな3つのクラウドソーシングサイト2選

国内で有名な大手のクラウドソーシングサイトを紹介します。

発注量がとにかく多い!クラウドワークス



クラウドワークスは、登録者の人数が国内最大のクラウドソーシングサイトです。

特徴は、10年以上続いている実績とシステムも使いやすさ、そして発注量がとにかく多さになります。

長期的にライティングを続ける方におすすめです。

デザイナーが多い!ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズでは、独自に認定される「認定ランサー」という制度を取り入れているサイトです。

特徴は、ライティング案件だけでなくデザイン製作の案件が多いことになります。

Photoshopやillustratorが使える方におすすめのサイトです。

クラウドソーシングは誰でもできる!まずはチャレンジする勇気を持とう

この記事では、クラウドソーシングについて説明しました。ざっくりおさらいします。

クラウドソーシングとは、インターネットを使って不特定多数の人に対し仕事を依頼する方法の1つです。

クラウドソーシングを使うメリットは

  • 無理にでも書き続けることができる
  • 多くの案件がマニュアルを完備している
  • 情報集め方や時間の使い方を覚える

の3つがあげられます。

クラウドソーシングは、実際に挑戦してみると意外と簡単に利用できます。

まずはどんな案件があるのか調査するところから始めてみましょう。