部下の育成で気を付けるポイントとは?計画性をもって育てるコツを紹介

スポンサーリンク



部下を育てるには計画性をもって進めるのがおすすめです。とはいっても、

「どんな計画を立てればいいんだろう…」

「接し方がうまくわからない…」

なんて経験はありませんか?

今回の記事では、

この記事でわかること
  • 部下を育成するポイント
  • 部下を育成の注意点
  • 部下を育成の心得

について簡単に説明します。

部下を育成するのは、時間がかかりますが信頼関係を築くのがおすすめです。

これから部下の育成が必要な方の参考になれば幸いです。

部下を育成するための5つのポイント

部下を育成するためのポイントは、

育成ポイント
  1. コミュニケーションをとって部下を理解する
  2. 成長につながる目標を設定する
  3. 最適な仕事の割り振りをする
  4. メリハリのある指示をする
  5. レベルに応じたノルマを達成させる

の5つが挙げられます。それぞれ紹介します。

部下育成のポイント1:コミュニケーションをとって部下を理解する

コミュニケーションをとって、部下がどんな人なのかを理解しましょう。

詳しく知るためには、「見る」もしくは「話す」しかありません。

人間関係を築くための基本は、話しをすることですよね。

話しをすることで、相手の

  • 得意・不得意
  • 好き嫌い
  • 価値観
  • 才能

を感じることができます。

チーム全体で”個”の能力を引き出すには、お互いが理解しあった関係が必要です。

相手を知るために、まずは話し合う時間を作ってどんな人なのかを分析しましょう。

部下育成のポイント2:成長につながる目標を設定する

部下ごとに、成長につながる目標を設定しましょう。

業務内容や実績を基に目標を設定することで、部下の仕事の意欲を高めやすくすることが可能です。

たとえば、

  • 得意なことを優先して伸ばす
  • 苦手な分野を克服する
  • 今後のポジションによって求められるスキルをつける

を設定します。働くうえで必要な能力やポジションに必要なスキルを付けるなどといった具体的な目標をかかげることで、業務に対する意欲を高めやすくすることができます。

つまり、目的を達成することで得られる未来を想像させやすくすることで、向上心を高めてスキルを付けやすくすることが可能です。

部下育成のポイント3:最適な仕事の割り振りをする

設定した目標を達成するためにできる業務を振りましょう。そうすることで、部下のやる気を高めて成長のサポートをすることが可能です。

業務においてどんな役に立つのかを説明してから任せることで、部下は納得して仕事を進めることができます。

その結果、スキルアップのサポートをしつつ仕事のモチベーションを保ちやすくすることが可能です。

部下育成のポイント4:メリハリのある指示をする

部下は、褒められると認められていると感じます。そのため、仕事に対するモチベーションを保ちながつつ成長スピードを上げることが可能です。

また部下に指摘をする際は、納得のいく説明をすることで素直に聞き入れてくれます。

褒めたり指摘したりすることは、上司の役目です。日頃の仕事の状況を確認しながら、部下とのコミュニケーションを図って成長のサポートをすることをおすすめします。

部下育成のポイント5:レベルに応じたノルマを達成させる

レベルに応じたノルマを達成させることで、対策案を考える能力を鍛えることができます。

その結果、課題を乗り越えた達成感や充実感を感じさせることが可能です。この経験を自信に変えて、1人でも仕事をしやすくすることができます。

次は、部下に指示を出すときに注意したいポイントについて紹介します。

部下育成の指示を出すときに注意する3つのポイント

部下育成の指示を出すときに注意するポイントは、

注意ポイント
  1. 対等な目線で話す
  2. 指導法は常に同じにする
  3. 結果に対して評価をする

の3つです。それぞれ紹介しますね。

1.対等な目線で話す

部下と話すときは、対等な目線で話しましょう。

「あれをやっておけ」「こんなの簡単だろ」

なんて言葉を放ってしまったら、部下のモチベは壊滅です。

指導が必要なポイントに対して、原因を洗い出して具体的な対策法を取るように伝えましょう。

2.指導法は常に同じにする

指導する方法は常に同じ方法を取りましょう。

仕事をしているうえで、忙しかったりうまくいかないこともありますよね。

そんな時に部下から

「〇〇の件ですが…」

と聞かれたにもかかわらず、

「それは自分で調べて」

なんて伝えてしまっては、部下はどう思うでしょうか。

指導する際、部下に伝える熱量は常に一定に保ち、感情的にならないよう注意しましょう。

3.結果に対して評価をする

部下が結果を残したら、まずは評価することを忘れないでください。

あなたにとっては当たり前のことでも、部下にとっては成長を実感できるタイミングです。

部下に自信を持たせるためにも、ちょっとしたことを褒めることでモチベーションを保ちやすくすることができます。

部下育成をするときの心得とは?

部下を育成するときの心得は、

育成の心得
  1. 部下のやる気を引き出すこと
  2. 部下との約束は守ること

の2つが重要です。それぞれ紹介します。

部下のやる気を引き出すこと

部下のやる気を引き出すことを目指しましょう。最近では、若者のやる気がないといった声を聞きます。

しかし、それは傲慢です。本人のやる気の問題もありますが、それを引き出すことも上司としての仕事です。

業務の内容をチェックするのはもちろんですが、部下のやる気やモチベーションの維持を管理することも大切な業務の1つ。

やる気を引き出しやすくするためには、部下との信頼関係を築く必要があります。

まずは、部下から慕われる上司を目指しましょう

部下との約束は守ること

部下との約束は必ず守りましょう。

部下に指示を出しているにもかかわらず、部下との約束を守れなかったらモチベーションが下がってしまいますよね。

たとえば、仕事を依頼して終わったら声をかけるよう提案して、部下からのチェック依頼が来たにもかかわらず、手が空かないためチェックできなかった場合。

「〇時になったら時間が空くから、チェックが終わったら声かけるね」と伝えましょう。その結果、部下は自分の仕事をしっかりと評価してもらえると感じます。

もし、ここで「後で見るね」と伝えてしまったら、部下は「本当にチェックしてもらえるのかな?」と不安になってしまいます。

つまり、部下がこなした業務についてチェックする意欲があると伝えることで、部下のモチベーションを保ち成長スピードを上げやすくすることが可能です。

信頼関係を築くことで部下の成長スピードが上がる

今回の記事では、部下の育成について紹介しました。ざっとおさらいします。

部下の育成に重要となるのが

  1. コミュニケーションをとって部下を理解する
  2. 成長につながる目標を設定する
  3. 最適な仕事の割り振りをする
  4. メリハリのある指示をする
  5. レベルに応じたノルマを達成させる

でした。

次に、注意点として

  1. 対等な目線で話す
  2. 指導法は常に同じにする
  3. 結果に対して評価をする

を説明しましたね。

最後に、部下育成の心得は

  1. 部下のやる気を引き出すこと
  2. 部下との約束は守ること

を紹介しました。

部下の育成は、やる気とモチベーションによって成長のスピードが変わります。

まずは部下との信頼関係を築くために、日々のコミュニケーションを図ることから始めることをおすすめします。