Amazonプライムから学ぶ!PDCAの回し方

スポンサーリンク



どうも、日頃からPDCAのPよりDを重視しているおしゅん(@oshunshunn)です。

皆さんはPDCAしっかり回していますか?個人的な意見だとPよりDの方が大切だと思うんですよ。

 

だってPやっておきながら、Dに移行できなかったら意味ないじゃないですか。まずはやる(D)!そこから改善点(C)を見つけてどうプラスにするか(A)を考える、そしてまたやる(D)!

ある程度実績ができたらしっかりとした計画(P)を練った方が結果に結びやすいと思ってます。

そんな僕は最近Amazonプライムの「ドキュメンタル」というバラエティー番組にハマっています。

実はこの「ドキュメンタル」にもPDCAが使われていました。今回はその解説も踏まえてPDCAについて考えていこうと思います。

芸人同士が笑わせ合うバラエティー番組「ドキュメンタル」

ドキュメンタル」は、参加者10名の芸人が笑いを我慢しながらも他の参加者を相手を笑わせていくバラエティー番組です。

制限時間6時間の内に笑ってしまうと失格になり、6時間経過した段階で最後の1人になることができれば優勝賞金1000万を手にすることができます。

 

ダウンタウンの松本人志さんが司会兼審判として参加していて、参加を希望する芸人は参加費100万を持参して挑んでいます。

要するに優勝賞金は参加費を総取り出来るわけです。

 

この番組はシーズン4まで迎えており、その過程でしっかりとしたPDCAを行い、どんどん番組を盛り上げていっているんです。

反省点が浮き彫りとなったシーズン1

シーズン1では反省点とも捉えられるものが2つありました。

1つ目は、優勝賞金が1000万円にならなかったこと。
2つ目は、笑いを耐え続けるだけの人が出てくること。

それぞれどんな解決法をとったのでしょうか。

優勝賞金が900万円!?

参加者は100万円を持参してきています。10人が100万ずつ持ち寄ればTotal1000万円ですが、自身の100万円があるので優勝賞金自体は900万になってしまいます。

この問題の改善方法は、司会で審判役である松本人志さんが自身の100万を追加することになりました。

そのため優勝賞金が正規の1000万円に戻すことができました。

耐え続けるだけの人間がでる

笑わなければいいだけの単純なゲームなので、6時間耐えるだけのアクションの少ない消極的な内容になってしまう可能性もあります。

すると視聴者側はなにもおもしろくありませんよね。

 

この問題を解決すためにシーズン2では笑わせたらポイントがもらえる制度を導入しました。

また6時間が経過して複数名残っていた場合には、優勝者はポイントの多い人にするルールも追加し、笑わないようにしながらもポイントを取りに行く積極性が必要となってきます。

改善しても更なる反省点が発生したシーズン2

シーズン1で問題となった優勝賞金は、松本人志さんが自腹で100万を追加したので賞金は1000万になりました。

さらにアクティブに行動でポイントを取る人も出てきましたが、自爆する人や多く稼いだ人が退場となるケースが出てしまいました。

これではアクティブに行動した人のメリットが低くなってしまうという問題が浮上してきます。

 

ゾンビタイムで盛り上がりを見せたシーズン3

シーズン2での問題点になっていた失格となった芸人の存在ですが、ゾンビタイムというものを導入したことにより更なる盛り上がりがありました。

失格者のデメリットを打ち消すゾンビタイムの導入

シーズン3では失格となった芸人が、あるタイミングで参加者を笑わせにいくゾンビタイムというシステムを導入しました。

このメリットは6時間が過ぎる前に参加者全員が失格となった場合、そのゲームはノーカン(ノーカウント)となり、参加費が全員に返されるという点です。

失格してしまい優勝賞金がもらえなくても、参加費だけは回収することが出来ます。積極的に攻めてもマイナスにはならないような制度を導入しました。

初めてコンビでの参戦となったシーズン4

その後シーズン4では、初めてとなるコンビでの参加がありました。

コンビ同士は全く知らされていないため、会場に来てから参加者全員が「!?」となっていました。

 

司会の松本人志さんは「新しい風を作るためにはちょうどいい」とも言っていた通り、コンビでの攻撃もできる反面、それが弱点となる場面もありかなり見ごたえのあるものになっています。

何事もチャレンジしてからでも遅くない

まずは行動に移すこと。「ドキュメンタル」ではシーズン毎に内容やルールを変え、失敗をプラスにして新しいことを取り入れていました。

結果、見てる方もやってる方も飽きないし何より楽しいと思うんですよ。

 

人生もそれと同じではないでしょうか?試しにやってみて、欠点を見つけたり更なるメリットを見出したり。

ブログを始めるのも、新しい趣味を見つけるのも、デザインの勉強をするのも、スポーツを始めるのも、なんでもまずはやってみること。

この繰り返しでいいのではないでしょうか?

 

考えてるだけでは、現状はなんの進歩もありません。考える前に行動してみませんか?